アメリカのクレジットカードの作り方

更新日:

アメリカのクレジットカードを作りたい方必見!このページでは、アメリカでクレジットカードを作る方位法を徹底解説。渡米前と渡米後の作り方を詳細に紹介いたします。また、アメリカのクレジットカードを作る必要性や作りたい理由なども紹介しております。

 

アメリカでクレジットカードを作るための条件

アメリカでクレジットカードを作ると思うとハードルが高そうと思われるかもしれませんが、日本と一緒で特に難しいものではありません。

 

アメリカでクレジットカードを作る条件① 定住していないと作れない

当たり前といえばそうですが、アメリカに定住していないと、アメリカのクレジットカードを作る事はできません。

 

アメリカでクレジットカードを作る条件② 社会保障用登録番号と納税者番号が必要

アメリカで就労する際に必ず取得しなければならないのが、社会保障用登録番号(SN番号)または納税者番号です。社会保障用番号とはソーシャルセキュリティ番号とも呼ばれ、国民年金制度に加入すると発行される番号です。こちらの番号がなければ銀行口座の開設も運転免許証の取得もできないため、渡米したらすぐに発行手続きをする必要があります。発行には、就労ビザやパスポートを含む必要書類を揃えた上で、現地の社会保障事務所の窓口にて手続きが可能です。

 

アメリカでクレジットカードを作る条件③ 銀行口座

クレジットカード代金を引き落とすための、アメリカの銀行口座が必要です。

 

アメリカでクレジットカードを作る条件④ クレジットスコア

クレジットカードが無いのにクレジットスコア?と疑問に思われると思いますが、本当に必要です。まずは、セキュアドクレジットカードからコツコツとクレジットヒストリーを積む事になります。セキュアドクレジットカードは、預金残高を担保に発行してくれるクレジットカードで、クレジットヒストリーを貯める事ができます。1年間無事に利用すれば、クレジットカードが発行できる状態となります。

 

クレジットヒストリーなしでアメリカのクレジットカードを作る方法

アメリカでのクレジットヒストリーがなくても、アメリカのクレジットカードを作る事ができます。「ANA CARD USA」、「JAL CARD USA」、「プレミオカード」の3枚です。3枚共、クレジットカードを利用すれば、アメリカでのクレジットヒストリーが構築されますので、1年後は、クレジットカードの選択肢が広がります。

 

ANA CARD USA
ANA CARD USAの券面画像
申込可能期間渡米90日前から
年会費70ドル
ANA CARD のUSA版です。クレジットカードを利用するとANAマイルが貯まります。渡米90日前から申し込み可能なので、あらかじめ申し込んでおいて、渡米後にクレジットカードを受け取れます。

ANA CARD USAの公式サイト

 

JAL CARD USA
JAL CARD USAの券面イメージ
申込可能期間渡米90日前から
年会費20ドル
日本と同じくJALカードのアメリカ版です。渡米にJALを利用されている方におすすめです。2ドル利用ごとに1マイル貯まりますが、年間50ドル追加で支払えば、1ドル利用で1マイル貯まります。

JAL CARD USAの公式サイト

 

プレミオカード
プレミオカードの券面画像
申込可能期間渡米30日前から
年会費無料
プレミオカードは、年会費無料で作れます。年会費50ドルで、1%キャッシュバックの付いたプレミオプラスカードもあります。

プレミオカードの公式サイト

 

申込の条件と必要なもの

申込が可能な条件は、以下の3つ。

  • 18歳以上であること
  • アメリカ国内で住所があること
  • 一定の収入があること

また、必要になるものは、以下の通りです。

  • パスポートのコピー
  • アメリカ就労ビザのコピー
  • ソーシャルセキュリティーカードのコピー(取得後でもOK)
  • アメリカの住所を証明する書類(運転免許証など)

申込の流れ

 

step
1
オンライン申し込み

渡米前に手続きが可能なクレジットカードはいくつかありますが、どこも基本的にオンラインでの申請のみとなります。希望するカード会社のホームページから申込みの手続きへと進みましょう。

 

step
2
必要書類の提出

申込みが済むと一次審査になります。パスポートや就労ビザのコピーに加え、必要に応じて雇用証明書や居住証明書などの提出書類を準備しておきましょう。カード会社によっては提出の方法をFAXやメール、郵送などから選べる場合があります。

 

step
3
申込情報確認

提出された書類をもとに本人確認が実施されます。

 

step
4
銀行による最終審査

次は銀行による最終審査が行われます。

 

step
5
承認&発行

無事承認されるとクレジットカードの発行という流れになります。

 

step
6
クレジットカードの受取

ただし、審査を通過した場合でもクレジットカードの発行は渡米後になりますので注意が必要です。カードの送付先は、日本の住所ではなくアメリカ国内の住所のみの対応となります。渡米した後にクレジットカードを受け取り、アクティベーションと呼ばれる有効化手続きが完了すれば利用が可能となります。クレジットカード自体の手続きはこれで完了ですが、発行したクレジットカードと社会保障用登録番号の紐づけはされていません。アメリカ国内でのクレジットヒストリーを作りたい場合には、カード会社に取得した番号を通知しておくのを忘れないようにしましょう。また、カードの申込み時には必要ありませんが、利用料金の支払い方法で自動引き落としを選択したい場合には、アメリカの銀行口座の開設も必要になります。

 

-海外のクレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2019 All Rights Reserved.