クレジットカードの審査にかかる期間・発行までが早いカードはどれ?

クレジットカードの申し込みをしてなかなか連絡がこなかったら不安になりますよね。
クレジットカードは申し込みをしてから、2週間ほど審査に時間がかかるものから、即日発行できるものなどさまざまあります。
そこで今回は各クレジットカードの審査期間を解説します。また合わせて審査基準や、万が一審査に落ちた場合に次の審査ができるようになるまでの期間を解説します。

 

 

クレジットカードの審査にかかる期間

今回は下記のクレジットカードの審査にかかる期間を解説します。
・三井住友VISAカード
・JCBカード
・楽天カード
・ACマスターカード
・VISAカード
・セゾンインターナショナル
・エポスカード
・セゾンカード
それぞれのカードの審査期間だけでなく、特徴も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカードの券面画像

三井住友VISAカードは日本で初めて発行されたVISAカードで会員数は2,000万人以上を誇ります。
セキュリティが非常に厳しいのが特徴で、24時間365日の間、不正使用を検知するシステムが働いています。また、初年度の年会費が無料なのも嬉しい点です。
三井住友VISAカードの審査基準は、サラリーマンや世帯年収が一定以上であれば問題ないレベルです。また、審査は最短1日から行ってくれます。

審査基準満18歳以上、職業、世帯収入
審査期間最短1日
結果の通知方法メール

三井住友VISAカードの公式サイト

 

JCBカード

JCBカード券面画像

JCBは日本発の国際ブランドとして認められており、加盟店は3,300万以上の数を誇ります。
また、貯まったポイントをマイルや楽天ポイントなどさまざまなものに交換できるのが特徴です。
インターネットから平日11時までに申し込みを行えば、最短で翌日の受け取りが可能です。
また、審査状況を確認できる「JCB 判定状況確認」があるので、いつでも自分の審査状況を確認できます。

審査基準18歳以上、職業、収入
審査期間最短当日発行翌日受け取り
結果の通知方法メール、Web

JCBカードの公式サイト

 

楽天カード

楽天カードの券面画像

楽天カードは顧客満足度10年連続No.1のカードで、楽天ポイントの還元率がとても高いことが特徴です。
また、年会費無料で利用できます。
楽天カードの審査基準は満18歳以上の方です。職業についても、サラリーマンなどの安定した職種に就いている必要はありません。

審査基準満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)
審査期間最短数分〜最長1週間ほど
結果の通知方法メール

楽天カードの公式サイト

 

ACマスターカード

ACマスターカードの券面画像

ACマスターカードは株式会社アコムが発行しているクレジットカードで、年会費が永久に無料なことと、利用金額の0.25%が自動でキャッシュバックされるのが特徴です。
審査基準は過去に他のクレジットカードで2ヶ月以上の延滞をしていないかなどを調べるクレジットヒストリーと、他の消費者金融で借入額がいくらかなどが問われます。

審査基準クレジットヒストリー、他社借入額
審査期間最短30分から即日発行
結果の通知方法電話、メール

ACマスターカードの公式サイト

 

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの画像

セゾンカードインターナショナルは、カードを利用したことで付いてくるポイントが永久的に消失しないのが特徴です。
また、年会費は永年無料というのも嬉しいカードです。
審査基準は18歳以上であれば高校生を除き学生や専業主婦などでも発行が可能です。最短で1時間以内に審査結果が届くスピーディーさも特徴です。

審査基準18歳以上(高校生を除く)で連絡可能な方
審査期間最短1時間以内
結果の通知方法メール

セゾンカードインターナショナルの公式サイト

 

エポスカード

エポスカードの券面画像

エポスカードも年会費無料で利用することができます。
また、全国にある「エポスカードセンター」で即日発行したクレジットカードの受け取りが可能です。他のカードと比べてカラオケ店などの割引率が強いのが特徴です。
エポスカードの審査基準は高校生を除く18歳以上の方です。そのため学生や定職に就いている方であれば問題なく通ると考えられます。

審査基準18歳以上の方(高校生を除く)
審査期間最短数分
結果の通知方法メール、エポスカード発行状況照会

エポスカードの公式サイト

 

イオンカード

イオンカードの券面画像

イオンカードは年会費が永年無料で、イオン系列のお店で買い物をする時には毎月20日、30日は5%オフになる特典が付いてきます。
さらにイオン銀行と連携すれば、普通預金金利が優遇されるなどのメリットがあります。
審査基準は18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方のため、学生や専業主婦でも発行は可能で、高齢者の利用が多いのも特徴のひとつです。

審査基準18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
審査期間1〜2週間
結果の通知方法カードの発送による郵送

イオンカードの公式サイト

 

クレジットカードの審査基準

クレジットカードは当然ですが、申し込みを行えば誰でも必ず手に入れられるわけではありません。
発行基準は各カード会社によって異なりますが、ここでは一般的なクレジットカードの審査基準について解説します。

クレジットカードの審査は3Cと言われている3つの観点から行われます。
・Capacity(資力)
・Character(性格)
・Capital(資産)
それぞれどのようなものかを見ていきます。

・Capacity(資力)
Capacity(資力)とはその名の通り、あなたの財政力をチェックする観点になります。
クレジットカードは月に1回の支払日があり、その日に前月までの利用料金を一括で返済するので、財政力は大きなポイントです。
Capacity(資力)で見られる主なポイントは下記の通りです。
職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、借入額など

・Character(性格)
Character(性格)はあなたが支払日に問題なく支払う性格かどうかをチェックする観点です。
チェックには、クレジットヒストリーが用いられます。
クレジットカードヒストリーとは利用者の利用履歴や信用情報が記載されており、信用情報機関に保管されているものです。
カード会社は申込者のクレジットヒストリーをチェックしてカードを発行するか決定をします。

Character(性格)で見られる主なポイントは下記の通りです。
クレジットカード利用履歴、滞納をしていないか、支払いの遅延が起こっていないか

・Capital(資産)
Capital(資産)とは「申込者に一定の資産があるか」を確認することです。
なぜなら、申込者が万が一返済ができなくなった場合に、資産を売却することで返済をすることができるからです。
資産は主に持ち家であるかどうかが見られます。持ち家であれば、住宅ローンを組むことができる信用力が備わっていると見ることができるからです。

Capital(資産)で見られる主なポイントは下記の通りです。
居住形態、居住年数

 

審査に落ちた場合に次の審査ができるまでの期間

万が一クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、すぐに再度申し込みをしてはいけません。
なぜなら、審査に落ちた結果は金融機関に共有され、他のクレジットカード作成時にも情報として利用されるからです。

ではもう申し込みはできないのか?と言うとそうではありません。
結論から言うと、審査に落ちてから「6ヶ月後」に、再度申し込みをするのがおすすめです。
なぜなら、クレジットカードの審査に落ちたという情報が金融機関に共有されるのは半年間だからです。
しかし6ヶ月後とはいえ、審査に落ちた時と状態と同じでは、再度申し込みをしても審査に落ちてしまいます。
申請するまでの6ヶ月の間に、審査に落ちた原因を改善しておくことが大事になりますので覚えておきましょう。

 

まとめ

今回は各クレジットカードの審査期間を解説しました。
クレジットカードの審査期間と審査基準はカード会社によって異なることが分かったかと思います。申し込みをする際にはぜひ、本記事を参考に余裕を持って申し込みを行ってください。

-クレジットカードの審査

© 2020 クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!