無職のクレジットカードの作り方

無職であってもクレジットカードを作れないかというとそうでもありません。返済能力があるかどうかがポイントとなります。具体的なケースで見ていきましょう。

資産生活者やお金持ち

預金残高が十分にある方や、家賃収入・配当収入などの収入がある方なら無職であってもクレジットカードを作れる可能性は十分にあります。

学生、専業主婦(夫)、家事手伝い

親や配偶者などの扶養者がいるため、十分クレジットカーを作れる可能性があります。

年金生活者

一定の収入があると見なされるので、十分クレジットカードを作れる可能性があります。

作れないケース

過去にクレジットカードの延滞等をし、信用情報のスコアが低い方。

無職でも作れるクレジットカード

無職でも作れるおすすめのクレジットカードを紹介します。信販系・流通系のクレジットカードがおすすめです。

 

ライフカード(有料版)

ライフカード

申込資格 18歳以上の方
年会費 5,000円

ライフカード(有料版)は、年会費が5,000円掛かりますが、審査が柔軟で作りやすいクレジットカードです。過去に延滞歴等があっても独自の審査基準で発行される可能性があります。誕生月ポイント3倍など、ライフカードの機能がそのまま使えます。

 

card

 

楽天カード

楽天カード

申込資格 18歳以上の方
年会費 無料

楽天カードは、18歳以上の方であれば申込可能なクレジットカードです。楽天市場などで使えるポイント還元が1%と魅力的なクレジットカードです。

 

card

 

イオンカード

イオンカード

申込資格 18歳以上の方
年会費 無料

イオンカードは、イオンがお得に利用できるクレジットカードです。18歳以上の方であれば申込可能です。

 

card

 

セブンカード・プラス

セブンカードプラス・プラス

申込資格 18歳以上の方で本人・配偶者に継続して安定した収入のある方
年会費 500円
初年度無料

セブンカード・プラスは、配偶者に安定した収入のある方であれば申込可能です。セブンイレブンやイトーヨーカドーがお得に利用できるクレジットカードです。

 

card

 

ETCカード

ライフカード(有料版)、楽天カード、イオンカード、セブンカード・プラスには、いづれもETCカードの発行も可能ですので、メインのクレジットカードと同時に申込可能です。

即日で無職の方が作れるクレジットカード

即日で無職の方が作れるクレジットカードを紹介します。

エポスカード

エポスカード

申込資格 18歳以上の方
年会費 無料

エポスカードは、申し込んだら即日で発行できるクレジットカードです。全国のマルイで受取可能です。18歳以上の方なら申込可能です。

 

card

無職の方がクレジットカードを作る際の審査

申込時に嘘は書かない

クレジットカードの申込時に、無職であれば、素直に無職と記載しましょう。嘘が判明していまうと、そもそも審査に通らなくなってしまいます。

申込内容で信用情報に照会される

入力した情報をもとにクレジットカード信用情報に照会されます。過去の申込内容や返済履歴等がチェックされます。

審査基準は、返済能力で判断される

本人及び配偶者、保護者を含めた返済能力で最終的に審査されます。

 

会社を退職して無職になった場合

退職した場合、規約上は連絡が必要

退職する前に作ったクレジットカードについては、規約上、退職した事を知らせる必要があります。

報告しなくても利用上は問題ない

ただし、報告しなくても問題はありません。きちんと利用した分の支払いができていれば問題ないでしょう。

信用情報に退職の情報が更新されるタイミング

退職後に新たにクレジットカードやローン等を申し込んだ際に、無職である事を記載すれば、信用情報が更新されます。

無職のクレジットカード限度額

最低限度額

無職での利用限度額は、クレジットカードの最低限度額となる可能性があります。クレジットカードにもよりますが、10万円程度になるでしょう。

限度額を上げてもらう方法

返済能力が高いと判断してもらえれば、限度額が上がる可能性があります。扶養者の年収、預貯金の残高が高ければ、限度額を上げてもらえる可能性があります。

どうしてもクレジットカードを作れない場合

クレジットカードの審査に通らない場合の対処法を解説します。

デビットカード

デビットカードなら預金口座からすぐ引き落とされるので、審査不要で誰でも作れます。利用限度額も口座残高までなら制限なく利用できます。

プリペイド式カード

あらかじめチャージした金額の範囲内でクレジットカードとして利用できるプリペイド式カードも審査不要で作れます。

家族カード

扶養家族がクレジットカードを所有している場合、家族カードを発行してもらうことが可能です。引き落とし口座は、本会員になります。

まとめ

実は無職でも作れるクレジットカードがたくさんあることが理解して頂けたと思います。クレジットカードを利用して便利になるといいですね。