LINEのクレジットカードの作り方【LINE Payカードは最大2%還元!】

更新日:

LINE payカードの券面画像

LINEが発行しているクレジットカード「LINE Payカード」の作り方や特徴を紹介します。また、先日発表された「LINE Pay Visaクレジットカード」の情報についても紹介します。

 

LINE Payカードとは【特徴について解説】

LINE Payカードの5つの特徴について解説します。

LINE Payカードの特徴

  • プリペイド式クレジットカードである
  • 国際ブランドはJCB
  • 年会費無料で作れる
  • 審査不要なので、誰でも作れる
  • ポイント還元率最大2.0%!

プリペイド式クレジットカードである

プリペイド式クレジットカードとは、あらかじめチャージした金額内で使えるクレジットカードです。

 

国際ブランドはJCB

Line Payカードは、国際ブランドにJCBが付いたプリペイド式のクレジットカードです。JCBが使えるお店ならどこでも使えますので、国内はもちろんの事、海外でも利用できます。

 

年会費無料で作れる

発行手数料や年会費が無料なので、嬉しいですね。

 

審査不要なので、誰でも作れる

クレジットカードを作れない中学生や高校生の方や、審査に通らない方でも問題なく作れます。年齢制限や収入制限がありません。

 

ポイント還元率最大2.0%!

Line Payカードの最大の特徴は、ポイント還元率2%です。現在では、クレジットカードの中で一番ポイント還元率の高いカードです。但し、ポイント還元率2%となるための条件は以下の通り。

LINE Pay マイカラー月間利用額ポイント還元率
グリーン10万円以上2.0%
ブルー5万円以上1.0%
レッド1万円以上0.8%
ホワイト条件なし0.5%

月間利用額に応じて、翌月のポイント還元率が決まる仕組みです。ポイントは、月間100万円までの利用金額に対してポイントが付きますので、あまり気にすることもないでしょう。最低でも0.5%のポイント還元率になります。

 

LINE Payカードの入手方法・作り方

LINE Payカードは、以前はファミリーマート等のコンビニで入手する事ができましたが、現在ではLINEアプリからの発行申込となっています。

 

LINE Payカード作り方①LINE Payを始める

LINE Pay①

 

LINE Payをまだ使った事がない方は、LINEのアプリの中からLINE Payを探して、LINE Payのサービスを開始しましょう。

 

LINE Payカード作り方②バーチャルカードを発行する

LINE Pay②

規約に同意後、まずバーチャルカードを発行するボタンを押して、バーチャルカードを発行します。バーチャルカードは、実際にクレジットカードを持っていなくても、ネットショッピング等で決済ができるクレジットカード番号です。

 

LINE Payカード作り方③LINE Payカードを申し込む

LINE Pay③

バーチャルカードの発行をしたら、同じ番号が印字されたLINE Payカード(プラスチックカード)を申し込みます。まずは、デザインの登録、漢字氏名、住所の登録を行うと、1週間から2週間ほどで、自宅に届きます。

 

LINE Payカード作り方④プラスチックカードを登録する

LINEPayカードの登録
自宅に届いたLINE PayカードをLINE Payのアプリに登録します。LINE Payカードの裏面にあるお客様番号の下3桁を登録すれば完了です。

これで、実店舗でもLINE Payカードが使える準備ができました。次の章では、LINE Payにお金をチャージして利用できる状態にする手順を説明します。

 

LINE Payにチャージする方法と上限金額

LINE Payのチャージ方法

LINE Payにチャージする方法を解説します。LINE Payの画面にある「+」ボタンを押すと、チャージの方法が表示されます。

LINE Payのチャージ方法

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • QRコード/バーコード
  • LINE Payカードレジチャージ
  • Famiポート
  • オートチャージ

いろいろなチャージ方法がありますが、LINE Payで重要なのは本人確認が完了しているかどうかでチャージ金額や利用金額の上限が変わります。

チャージ方法LINE Cash
本人確認なし
チャージ上限金額
LINE Money
本人確認あり
チャージ上限金額
回数
銀行口座なし100,000円1日当たり
セブン銀行ATM100,000円500,000円1回当たり
QRコード/バーコード49,000円49,000円1回当たり
LINE Payカードレジチャージ49,000円49,000円1回当たり
Famiポート100,000円299,000円1回当たり
オートチャージなし100,000円1日当たり

 

LINE Payのチャージ方法①銀行口座

一番便利でおすすめな方法は、銀行口座からチャージする方法です。ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行など主要銀行の他に地方銀行にも対応しています。

チャージの上限金額は、10万円/1日となっています。銀行口座の登録をすることで、本人確認が完了し、LINE CashからLINE Moneyアカウントに変更され、上限金額が変わってきます。

 

LINE Payのチャージ方法②セブン銀行ATM

セブン銀行ATMでのチャージが可能です。本人確認が完了していれば、1回50万円のチャージまで可能なので、高額ショッピングを控えている場合にもおすすめです。

 

LINE Payのチャージ方法③QRコード/バーコード

QRコード/バーコードを表示して、対応店舗のレジでチャージする事ができます。現状では、AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズの店舗でチャージできます。

 

LINE Payのチャージ方法④LINE Payカードレジチャージ

ローソン、ナチュラルローソン、アインズグループでチャージ可能です。レジにて、LINE Payカードを渡して「チャージしてください」と伝えればOKです。

 

LINE Payのチャージ方法⑤Famiポート

ファミリーマートのFamiポートを利用してチャージ可能です。

 

LINE Payのチャージ方法⑥オートチャージ

銀行口座を登録している場合、設定したチャージ残高を下回った場合、設定した金額でオートチャージを指定できます。

 

LINE Pay Visaクレジットカードは、ポイント還元率3.0%!

LINE Pay Visaクレジットカードが、8月から予約開始になる事が発表されました。初年度年会費無料で、年1回でもカード利用があれば翌年無料となります。利用がない場合は、1,250円(税別)掛かります。なんといっても年会費無料で、ポイント還元率3.0%は凄い!他のクレジットカードを持つ意味がなくなるぐらいの差ですね。LINE Payから初回予約を行うようですので、続報に期待しましょう。

 

-LINEのクレジットカード

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2019 All Rights Reserved.