海外でのクレジットカードの使い方!支払い方法や注意点・おすすめのカード

海外使い方アイキャッチ画像

海外でクレジットカードを使う人は多く、旅行や出張の際などにはキャッシュレスで会計ができてとても便利です。
国際ブランドであれば広く利用できますし、現地の言葉がわからなくてもすぐに会計ができます。
しかし、日本とまったく違う環境で買い物をする際には、トラブルに巻き込まれないように注意しなくてはなりません。海外へ行く際にクレジットカードを持っておくべき理由やメリット・デメリット、どのようなクレジットカードが良いのかを見てみましょう。

 

 

海外でのクレジットカードの使い方

海外使い方アイキャッチ画像1

海外でのクレジットカードの使い方は基本的に日本と同じです。特に何か申請をしなくても、いつものようにカードを使って支払いが可能です。ただ、現地の通貨と日本円の為替レートがあるため、カード代金の請求には為替処理分として事務手数料がかかるという注意点があります。
では、実際に海外でクレジットを利用する際の手順について見てみましょう。

 

クレジットカードを提示する

海外でクレジットカードを使って支払うには、日本と同じようにカードを提示します。
もちろん日本人(現地の方からすると外国人)とわかるため、たとえ言葉がわからなくてもクレジットカードを見せることで、支払いをしたいという意思は伝わります。レストランなどで利用する場合には「Check please(チェック プリーズ)」と伝えましょう。テーブル会計が主流のところが多いため、伝票とともにカードを店員に渡すと会計をしてくれます。
また、海外では「チップ」の文化があります。多くの場合伝票に「TIP」という項目があり、ここにチップで渡したい金額を記入することで、料金をまとめてカード支払いできます。

 

サイン、または暗証番号を入力する

カードを使った支払いをすると、サインや暗証番号を求められることがあります。
暗証番号は日本と同様に端末に入力し、サインを求められた場合には必ずいつもと同じサインをしましょう。
いつも漢字でサインをしている方も、海外だからと言ってローマ字にする必要はありません。本人確認のためのサインなので、いつもと同じように漢字で書きましょう。

 

現地通貨か日本円を選択する場合もある

海外でクレジットカードを利用すると、基本的に現地通貨で決済されることとなります。これには特別な手続きなどは必要ありません。ただ、まれに日本円を選ぶことができる場合もありますが、このときに注意したいことがあります。それは、海外のカード決済で日本円を選んでしまうと「円換算レート」が大きく関わることになり、損をしてしまうことがあるということです。
日本円を選ぶと、支払いをした店舗(加盟店)によって決められた為替レートが適用されるため、自分が思っている以上に高い金額が上乗せされてしまう可能性があります。海外でクレジットカードを利用する際には、日本円ではなく「現地通貨」を選ぶようにしましょう。

 

海外でクレジットカードを利用するメリット

海外使い方アイキャッチ画像2

海外でクレジットカードを利用するメリットには、いったいどのようなことがあるでしょうか。
旅行時は普段の生活と違い、多くのお金が必要となります。現金を多く持ち歩くのは、日本とは違う環境下では危険極まりないと言えるでしょう。こういったリスクを回避できるのが、クレジットカードの大きなメリットです。
その他にも、海外旅行傷害保険が付帯していたり、万が一のトラブルが起こった際に対応してもらえるサポートなど、慣れない場所でも安心できるサービスが付帯していることが多いため、海外に行く際にはとても便利です。

 

海外でクレジットカードを利用するデメリット

海外使い方アイキャッチ画像3

たとえば、使える場所が限られることが考えられます。
クレジットカードのブランドはいくつかありますが、利用しているブランドによっては海外で利用できる範囲が狭いものもあります。さらに、治安の悪い地域では現金でもクレジットカードでも関係なく盗難に遭うおそれがあります。もし財布が盗まれてしまったときに、現金ならば手元にある以上の被害はありませんが、クレジットカードは不正利用されると金額が大きくなるおそれがあります。もちろん、不正利用された際には後ほどカード会社からの補償を受けることができますが、これには「不正利用をされた」という証明をしなくてはなりません。このことを踏まえると、現金を持ち歩かないから安心とは決して言えないことがわかります。

 

海外では現金とクレジットカードのどちらがおすすめ?

海外使い方アイキャッチ画像4

海外でクレジットカードを利用するメリット・デメリットについてご紹介しましたが、海外では現金を利用した方が良いのか、それともクレジットカードを利用した方が良いのか考えてみましょう。

海外では、やはりクレジットカードがおすすめです。その理由としては、現地通貨に両替する必要がないこと、現金を持ち歩かなくても良いこと、チップなどもクレジットカードで支払いができること、支払いの内容を確認しやすいことなどが挙げられます。現金に比べて使い勝手が良く、海外でも利用範囲で困ることはあまりないため、クレジットカードの利用がおすすめです。

 

海外旅行傷害保険とは

海外使い方アイキャッチ画像5

海外でクレジットカードを利用する大きなメリットとして挙げられるのが「海外旅行傷害保険」の存在です。
この保険は、海外旅行や出張など、海外に行く際には必ず入るべきものです。その理由として、海外で万が一病気になったり事故に遭ったりした際の治療費が、日本に比べて非常に高いことが挙げられます。
入院・手術などになった場合、数十万円、数百万円という高額になることも珍しくないため、クレジットカードを利用する際にはぜひ海外旅行傷害保険が付帯しているものを選びましょう。

 

海外でクレジットカートを利用する際の注意点

海外使い方アイキャッチ画像6

海外では現金よりもクレジットカードを利用したほうが良いとご紹介しましたが、注意点がいくつかあります。
いざというときに海外で慌てないように、事前に注意点を把握しておきましょう。

 

分割払い・ボーナス払いができない

日本ではクレジットカードを利用する際、一括払いか分割払いかを選択できます。
しかし、海外ではカードの初期設定になっている支払い方法(一括払いもしくはリボ払い)でしか支払いができないため、注意しておきましょう。
分割払いのつもりでたくさん買い物をしてしまうと、翌月にまとめて一括請求されてしまうことがあります。

 

支払い時には現地通貨決済を選ぶ

繰り返しになりますが、海外でクレジットカードを利用する際に通貨選択ができる場合は、必ず「現地通貨」を選びましょう。「日本円」を選ぶことができる場合でも、海外で日本円での支払いを選んでしまうと、店側が自由に設定できる為替レートが適用されてしまうため、請求時にかなり大きな手数料をとられてしまう可能性があります。

 

スキミング防止や盗難防止をする

海外では、レストランでの会計などはテーブル会計が主流です。
そのため、伝票とカードを店員に手渡して会計処理をしてもらいますが、カードを見えないところで操作されるのは不安ではないでしょうか。
海外でカードを利用することを考えると、ぜひセキュリティを高めておきたいところです。たとえば、クレジットカードの情報を読み取ってから偽造カードを作る「スキミング」という犯罪や、盗難のおそれがあります。これらの被害を防ぐためにも、カードを偽造されにくいICチップが埋め込まれたタイプのクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
また、盗難補償を付帯させておくのもおすすめです。

 

カードを複数持つ

海外旅行をする際にカードが便利であることはわかりましたが、いつどのようなタイミングで「万が一」が訪れるかはわかりません。現金を持ち歩いていなくても、持っていたカードがもし盗まれてしまったら無一文の状態になってしまいます。
このようなリスクに備えてカードを複数枚持っておくとおすすめです。また複数枚のカードを財布にまとめてしまうと、もし財布を丸ごと盗まれてしまったときに困るため、複数のカードは分散させて持っておくとより安心です。

 

出発前に利用限度額を確認する

出発前にはカードの利用限度額を確認しておきましょう。
おみやげをこのくらい買おう、ホテルの料金はこれくらい、と使う金額についてあらかじめシミュレーションする人も多いものの、海外旅行では突然出費が増える可能性もあります。
もちろん、急病や事故など不測の事態に陥ってしまう可能性もあるため、利用限度額には余裕を持たせておくと良いでしょう。その際、ほとんどのカード会社では、海外旅行に行く旨を伝えれば利用限度額を上げてもらえますので、ぜひ事前に連絡をしておきましょう。

 

カードの有効期限を確認する

カードの有効期限が切れてしまうと、海外で現金を使用できない場合に困ります。そのため、海外旅行時にカードが使えないことがないように、カードの有効期限もチェックしておきましょう。

 

キャッシングを活用する

万が一現地で現金が足りなくなってしまった場合には、キャッシング枠のあるクレジットカードの場合、海外でもキャッシングが可能です。申し込みをして、海外のATMから直接現地通貨を引き出すことができます。そのため、空港などで両替をするよりも手間がかからず、レートも安く済むというメリットがあります。ただ、帰国後にはできるだけ早く返済をしないと、手数料が大きくなって負担になってしまいます。忘れずに早急に返済を行うようにしましょう。

 

チップもカードで支払いができる

レストランなどでカード払いをする際、ほとんどの場合は伝票とともにカードを店員に渡して会計してもらいます。
その際、伝票には「TIP(チップ)」という項目があり、ここにチップ(お礼)として渡す額を記入することで、料金とともにチップ料金をカードで支払うことができます。会計はカード、チップは現金と分けなくて済むため、スマートに支払うことが可能です。

 

レートは変動する

海外でクレジットカードを利用する際に注意しておきたいのが、為替レートです。
為替レートは日々変動しているものなので、海外でカードを利用した日と、カード会社が売上として処理した日では為替レートが異なる場合があります。あまりにも大きく変動することは考えにくいものの、現地で支払いをしたときの金額と実際の請求額が違うことがありますので、知っておくと良いでしょう。

 

緊急の場合の連絡先を把握しておく

ほとんどのカード会社では、海外から利用できる緊急連絡先が用意されています。
海外にいても日本語で24時間対応というところがほとんどのため、万が一の場合に備えて緊急連絡先をメモしておくと良いでしょう。たとえば急病で病院を受診するとき、事故に遭ったときや盗難被害に遭ったときなど、対応してくれます。

 

海外で利用した場合の引き落としのタイミング

海外使い方アイキャッチ画像7

海外でクレジットカードを利用した場合、実際に引き落とされるタイミングはいつになるのでしょうか。
日本では、各カード会社が決めている締切日や金額の確定日、実際の支払い日(引き落とし日)が異なる場合があります。もちろん、海外でカードを利用した場合にも、自分が思っていた引き落としタイミングではなかったということはよくあります。現地でカードを実際に利用した日と、実際にカード会社がそのお店への支払いを行った日で為替レートが異なるため、国内で引き落としされる金額はもちろん、引き落とし日も思っていたタイミングと異なる場合があります。
どうしてカード引き落としがないのだろうと思っていたら、翌月にまとめて請求がくる場合もありますので、引き落とし日をよく確認して計画を立てておきましょう。

 

海外で利用するクレジットカードの選び方

海外使い方アイキャッチ画像8

海外で利用するためのクレジットカード選びは、どのようなことに気を付けると良いのでしょうか。
たとえば、「どれくらいのお店(地域)で利用できるのか」はとても重要です。日本国内であれば、国際ブランドの多くが利用でき、さほど困ることはないでしょう。しかし、海外に行くと国や地域によって利用できるブランドにばらつきがありますので、世界的に利用率の高いクレジットカードを選ぶと、カードが使えずに困る可能性は減ります。ちなみに、利用率がもっとも高いのはVISA、次いでマスターカードです。

 

海外利用におすすめのクレジットカード

海外使い方アイキャッチ画像9

それでは、海外で利用するのにおすすめのクレジットカードを見てみましょう。
保険が付帯していたり、海外の利用時に安心できるサービスを利用できたりするなど、メリットの大きなカードを選ぶのがおすすめです。

 

REXカード

rexカードの券面画像

JACCS(ジャックス)が発行するクレジットカード。年会費は無料で、ポイント還元率が高く、利用できる特典も多いというメリットがあります。

【REXカードの特徴やメリット】
・年会費無料
本人・家族会員ともに年会費はかかりません。

・ポイント還元率が高い
通常のポイント還元率は1.25%。
「JACCSモール」を介したネットショッピングをすると、1.75~13.25%という驚きの還元率を実現できます。

・利用特典が多い
価格.comを運営するカカクコムグループでの利用特典が付帯しています。
REXカードは「価格.com安心支払いサービス」を利用することで、価格.com利用時の通常ポイント還元率は1.25%から1.5%にアップさせることが可能です。

【カードブランドの種類・年会費・海外旅行傷害保険付帯の有無】

  • カードブランドの種類:VISA、マスターカード
  • 年会費:無料
  • 海外旅行傷害保険:有(自動付帯)

クレジットカードの海外旅行傷害保険ですが、カードによって「自動付帯」か「利用付帯」に分かれます。自動付帯は、カードを申し込みして発行された際、自動的に保険がセットされているということ。利用付帯は、旅行代金や交通費をカードで支払うと適用される保険のことです。

REXカードの公式サイト

 

エポスカード

エポスカードの券面画像

最短即日発行できるという特徴をもつエポスカードは、年会費無料で多くの特典を利用できる便利なカードとして知られています。

【エポスカードの特徴やメリット】
・年会費無料
年会費がかかりません。

・最短即日発行可能
海外旅行出発まであまり日がないというとき、とても便利なのが最短即日発行。ネットから申し込みをして、マルイ店舗で最短即日受け取ることができます。

・海外でも安心できる保険、サービスが充実
海外旅行傷害保険が自動付帯となっているだけでなく、万が一不慮の事故や病気になってしまった場合に、24時間いつでも日本語対応してもらえるアシスタントサービスが受けられます。医療施設の案内や、宿泊手配といった相談をしてもらうことができます。

【カードブランドの種類・年会費・海外旅行傷害保険付帯の有無】

  • カードブランドの種類:VISA
  • 年会費:無料
  • 海外旅行傷害保険:有(自動付帯)

エポスカードの公式サイト

 

ANA VISA 一般カード

ANA VISA 一般カードの券面画像

海外へ行くほとんどの場合、飛行機を利用します。飛行機を利用するなら、マイルをお得にしっかり貯められるカードがおすすめです。「ANA VISA一般カード」なら、年会費は初年度無料でマイルを貯められるほか、海外旅行傷害保険も自動付帯です。

【ANA JCB一般カードの特徴やメリット】
・マイルを貯められる
よく海外旅行に行く人であれば、年間6,000円(税別)の「10マイルコース」に申し込むと、マイル移行換算率が高くなるため、効率良くマイルを貯められます。料金がかからない「5マイルコース」もあるので、飛行機を利用する頻度で選びましょう。

・旅行時に安心の保険が充実
海外旅行傷害保険のほか、飛行機の出発が遅れてしまった際などの食事代・宿泊費なども補償されます。

・日本でもお得に使える
電子マネー・楽天Edyを搭載しているほか、ETCカードの追加や、交通系ICカード・PiTaPaの利用ができます。

【カードブランドの種類・年会費・海外旅行傷害保険付帯の有無】

  • カードブランドの種類:VISA
  • 年会費:2,000円(税別)、初年度年会費無料
  • 海外旅行傷害保険:有(自動付帯)

ANA VISA 一般カードの公式サイト

 

まとめ

海外使い方アイキャッチ画像10

海外旅行や海外出張の際には、スマートに支払いができて安全なクレジットカードの利用がおすすめです。チップの支払いもできるうえ、万が一の際の補償も大きく、安心して海外を楽しむことができます。為替レートの変動や盗難など日本と違って注意すべき点もありますが、ケガや病気の際にもすぐに対応できる保険を利用できたり、現金と違ってポイントを貯められたりするなど、メリットがたくさんあります。限度額の確認やサインの仕方など注意点を振り返り、海外でも正しくクレジットカードを使いましょう。

-クレジットカードの基礎知識

© 2020 クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!