クレジットカード作り方

初めて作る法人カード・個人事業主カード

法人カードの基礎知識

法人カード・個人事業主カードとは

個人が利用する個人クレジットカードに対して、法人カード・個人事業主カードは、法人が利用するためのクレジットカードです。法人とは、個人事業主、社団、財団、独立行政法人、株式会社、有限会社、投資法人、特定目的会社等、学校法人、医療法人、合名会社、合資会社、合同会社等が該当します。

 

法人カードのメリット

法人カードの支払用途は、事業費決済のみに限定されています。個人カードでは、事業費決済は禁止されているので、事業費決済をクレジットカード払いにできる点がメリットになります。経費と生活費の管理が明確になる点もメリットです。

 

経費管理が楽になる

法人カードの利用明細から会計ソフトに連携できる機能が揃っているので、経費管理が容易になります。

 

法人カードの作り方

インターネットで入会申し込み

申込をしたい法人カードのインターネット申込画面から申込を行います。

 

入会申し込み書に記入

発行会社から入会申込書が郵送されてくるので、記入・捺印の上、返送します。

 

カード発行

審査に無事通れば、クレジットカードが発行され郵送されます。

 

申込時の必要書類

法人用の本人確認書類と、代表者個人の本人確認書類が必要です。

 

法人の本人確認書類

次のいずれか1点、発行日から6ヵ月以内の原本またはコピーが必要です。

  • 現在事項全部証明書
  • 履歴事項全部証明書

 

代表者の本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • マイナンバー
  • 住民票など

 

 

連帯保証人

法人カードには、連帯保証人が必要となりますが、代表者個人を連帯保証人にすることが可能なので、問題ないでしょう。

 

法人口座・法人印鑑

引き落としのための法人口座及び、法人印鑑が必要になります。

法人カードの審査

法人カードの審査基準について、解説します。

 

会社の信用情報

設立してからの年数、財務情報(黒字であるかどうか)等が重要です。設立から3年以上、2年続けて黒字が有利と言われますが、必ずそうでもありませんが、設立してからの実績がある方が信用度は高いでしょう。

 

代表者の個人情報

個人事業である場合は、代表者のクレジットヒストリーも重要です。滞納等あると連帯保証人として不利になりますので、注意しましょう。

 

おすすめの法人カード

JCB法人カード

 

jcb_hojin

 

JCB法人カードは、法人カード・個人事業主カードの定番カードです。初年度年会費無料(2年目以降、1,250円(税別))です。ETCカードの発行も可能です。カードを利用する毎にポイントが貯まり、ギフトカード等の商品への交換が可能です。ワンランク上のゴールドカード、プラチナカードも用意されています。

 

 

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

 

jcb_hojin

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、法人口座を指定できるクレジットカードです。最短即日発行可能で、ETCカードの追加も可能です。カードの利用で永久不滅ポイントが貯まり、様々な商品と交換可能です。