クレジットカードを作るために必要なもの

更新日:

申し込みのイメージ

クレジットカードを作るために必要なものは、「本人確認書類」、「銀行口座」、「銀行印」、「連絡可能な電話番号」、「クレジットカードを届けてもらうための住所」の5つです。

いざクレジットカードを作ろうとした時に気になるのが、何が必要になるのかという事です。申し込もうとしても必要なものが無ければ、それを揃える必要が出てくるので手続きが止まってしまいます。

必要に迫られて作る場合などは特に時間が無いことも多いので、はじめにクレジットカードを作るために必要なものを確認しておきましょう。

 

クレジットカードを作る時に必要なもの

 

本人確認書類

クレジットカードを作るうえでまず必要とされるのが、本人確認に関するものです。コピーを取るなどして提出します。
運転免許証などを持っている方はそれを使うことが多いですが、そうでない場合にはどのようなものが本人確認書類に当たるのかはクレジットカード会社ごとに異なりますので、確認してから申し込むようにしましょう。
マイナンバーカードなど、これから新しく作るという場合には、手に入るまでにかかる時間というものも考えに入れておく必要があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード・特別永住者証明書等

 

住所が現住所と異なる場合

クレジットカードを作るためには、本人確認書類と現住所が合っている必要があります。クレジットカードの受取の際に本人確認書類の住所へ郵送され、現住所の証明に利用されるためです。
上記の本人確認書類の住所と現住所が違う場合、現住所の記載された公共の書類が必要となります。

  • 公共料金の領収証書
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税、地方税の領収証書または納税証明書

 

銀行口座

クレジットカードを作るためには、本人名義の銀行口座が必要です。毎月決まった日にちに請求額が引かれるので、常に管理している銀行口座にすると良いでしょう。
銀行口座はすでに持っているという方も多いですが、作りたいクレジットカードに対応しているかどうかは事前に調べておきましょう。
住信SBIネット銀行やイオン銀行などネット専業銀行は、クレジットカード会社が対応していないケースもありますので、メガバンクの口座は一つぐらい持っていた方が便利です。

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ネット専業銀行(対応していないケースもあり)

 

銀行印

インターネットでの口座引き落としに対応していない銀行や、郵送でのクレジットカード申込の際は、銀行印が必要です。
クレジットカードの手続きに必要な銀行印とは、銀行口座開設時の登録印の事です。クレジットカード申込後に銀行で印影が登録印と合っているかチェックされ、異なっている場合には、再手続が必要となってしまいますので、十分注意しましょう。

 

銀行印が不要で作れるクレジットカード

クレジットカードをインターネットで申し込む際に、ネット上で引き落とし銀行口座の設定までできるところが増えています。その際に、インターネットバンキングの契約をしておくことが必要になります。メリットとして銀行印が不要となり、クレジットカードの発行までの時間が短縮できます。
また、三菱UFJ銀行やネット銀行等の印鑑レス口座の方は、最初から銀行印がありませんので、銀行印不要で作れるクレジットカードが便利です。

銀行印のイメージ
銀行印不要で作れるクレジットカード

続きを見る

 

連絡可能な電話番号

クレジットカード入会申込の本人確認電話が掛かってくることもありますので、連絡可能な電話番号が必要になります。電話連絡できないとクレジットカードを作る事ができません。
クレジットカードの審査に当たっては、連絡先が携帯電話だけではなく固定電話もあると有利になることもあるので、そういった物も準備できるとよいでしょう。

 

クレジットカードを届けてもらうための住所

クレジットカードの申し込みには、クレジットカードを届けてもらうための住所が必要です。
本人限定受取郵便でクレジットカードが郵送されてきますので、自分が受け取れる住所が必要です。ホテルやネットカフェなど住所不定では、クレジットカードを作る事ができません。
また、クレジットカードの受け取りの際は、運転免許証等の身分証明書が必要となり、家族は受け取れませんので注意が必要です。

 

収入証明書類(キャッシング枠が必要な場合)

クレジットカードのキャッシング枠を50万円以上希望する場合や、他の貸金業者の借入額と合わせて100万円を超える場合は、収入証明書のコピーが必要になります。
収入証明書としては、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書などがあれば、どのクレジットカード会社でも問題ありません。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

 

未成年の方は、保護者の同意

未成年でも必要があればクレジットカードを作りたいということがあるでしょう。学生でも作れるカードというものもあります。その際には、親権者の同意書が必要になってくるので、準備が必要です。
書類はクレジットカード会社が提供してくれるはずですが、親元を離れて暮らしている学生さんなどはすぐに同意書にサインしてもらうということが難しいので、期日にゆとりを持ってカード申し込みをするようにしたいものです。

 

まとめ

初めてクレジットカードを作る場合は、分からない事も多いと思いますが、確実に必要なものを用意すれば、問題なく申し込めますので、安心してください。

-クレジットカードを作る際に必要なもの

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2019 All Rights Reserved.