学生のクレジットカード審査は親の信用情報が影響する?親がブラックは要注意

更新日:

初めてクレジットカードに申し込みをして、落ちる心当たりがないのに審査落ちしてしまった学生もいるのではないでしょうか?

学生がクレジットカードを作る際に、思い当たる理由がなく審査に落ちてしまった場合、親の信用情報が審査に影響してしまっている可能性が疑われます。
学生のクレジットカード審査では、親の信用情報は切り離すことができない重要な要素です。

しかし、自分がクレジットカードを申し込みするのに、なぜ親の信用情報が関係あるのか釈然としない方もいるでしょう。

この記事では、学生のクレジットカード審査で親の信用情報が影響する理由を、詳しく解説します。

 

未成年の学生はクレジットカード申込時に親の同意が必要

学生のクレジットカードの審査では、申し込みの段階で親の介入が必要です。

未成年の学生は、親権者の同意がなければクレジットカードを申し込みすることができません。
未成年の申し込みの際には、親権者の同意書を提出する必要があり、親に内緒でクレジットカードは作れません。

仮に、自分で親のサインをして同意書を提出しても、電話による確認で親に拒否されてしまい、審査落ちになったケースもあります。

クレジットカードを申し込みする際には、ムダな審査落ちを防ぐためにも、親も納得のうえで申し込みするようにしましょう。

収入のない学生でも審査に通過できる?

学生の場合、アルバイトなどをしておらず、収入が0円の方でも審査通過に問題ありません。

親の扶養下にある学生のクレジットカード審査では、学生本人ではなく、親の収入(返済能力)が審査の基準となります。
ですので、本人に収入がない学生でも、クレジットカードの審査に通過することが可能です。

クレジットカード会社にとっても、卒業後も長期間の顧客になる可能性が高い、学生の申し込みは歓迎されており、学生向けに有利な条件のカードも発行されています。
ただし、同様に親の扶養下に居る場合でも、ニートや家事手伝いの方は「無職」と判定され、審査に通過することは難しくなっています。

「学生」という職業は、クレジットカードの審査においても有利な属性と言って良いでしょう。

学生のクレジットカード審査は親の信用情報の影響をうける?

親が、いわゆる「金融ブラック」の場合、審査に悪い影響をうける可能性は少なくありません。

クレジットカードの審査では、「個人信用情報機関」に記録された、これまでのクレジットカードの利用履歴が重視されます。
金融ブラックとは、以下のような理由で個人信用情報機関に「異動情報」が記録されている状態のことを指します。

・支払いの延滞・未払い
・債務整理
・自己破産

「異動」とは、長期の延滞によって債権回収業者に債権が異動した状態、または債務整理・自己破産で弁済の義務を免除された状況です。

異動情報は個人信用情報機関に5年間記録されますので、「ブラックリスト入り」した状態になり、クレジットカードの審査通過が難しくなってしまいます。
学生の申し込みの場合、本人ではなく親の収入や信用情報が審査の基準となりますので、親が金融ブラックの場合は審査落ちのリスクが高くなります。

本来、収入のない学生の支払いを補償する親権者の信用情報にキズが付いた状態では、発行を危険視するのはクレジットカード会社としては当然ですね。

反面、親の同意なしでクレジットカードを申し込みできる、すでに成人した学生なら親の信用情報の影響はうけにくいと考えて良いでしょう。

親の信用情報でクレジットカード審査に落ちてしまった場合

親の信用情報でクレジットカードの審査に落ちるというのは納得できませんが、クレジットカードを作る方法が無いわけではありません。

親の信用情報で審査落ちになってしまったと疑われる場合、以下の2つの方法でクレジットカードが作れる可能性があります。

・アルバイトをはじめてフリーターとして申し込む
・卒業後にクレジットカードを申し込む

収入のない学生の場合、親の収入・信用情報が審査の基準となりますので、親が金融ブラックの場合は審査落ちの原因になってしまいます。

ただし、アルバイトをはじめて「フリーター」として申し込みをすれば、審査の基準は学生本人の収入・信用情報です。
未成年の学生は、自分に収入がある場合も親の同意は必須ですが、本人に返済能力があれば審査通過の可能性も高くなります。

また、卒業後に新社会人として申し込みをすれば、親の信用情報はまったく別物として審査をうけることが可能です。

学生本人の信用情報が審査落ちの原因になっていることも

学生の審査落ちの要因は、親の信用情報がすべてではなく、学生本人の信用情報が原因になるケースもあります。

クレジットカード会社では審査基準は公表しておらず、審査落ちになった理由を聞くこともできません。
とはいえ、はじめてクレジットカードを申し込みするなら、個人信用情報機関に記録は残っていないのではないか、と疑問に感じてしまいますね。

個人信用情報機関では、クレジットカードの利用履歴だけではなく、月賦(分割払い)で支払いをしている多くの情報が記録されます。

学生が躓いてしまいがちな支払いとしては、

・スマホの端末代金の分割
・奨学金の返済

などが遅れてしまうと、個人信用情報機関に記録が残ってしまうケースがあります。

近年、高額になったスマホの端末代金を、携帯電話料金と合わせて分割払いしている学生も多いのではないでしょうか。
ただし、スマホ代金の分割支払いも、れっきとした月賦支払いですので、支払いの遅延があるとクレジットカード審査に悪影響を与えてしまいます。

また、奨学金の支払いの負担の大きさは社会問題にもなっていますが、奨学金の遅延も個人信用情報機関の記録の対象です。

はじめてクレジットカードを申し込み、審査に落ちてしまった場合、親の信用情報を疑ってしまいますが、親と喧嘩になる前に原因が自分に無いか考えてみましょう。

審査通過率を1%でもアップさせるには?

親の信用情報に心配がない場合でも、学生ではじめてクレジットカードの審査をうける際には不安がつきものです。

学生のクレジットカード審査の通過率をアップさせるには、次の2点に注目しましょう。

・キャッシング枠は0円で申し込みする
・申込フォームはすべて記入する

ここでは、上記の方法がなぜ審査通過に有利に影響するのか、詳しく解説します。

キャッシング枠は0円で申し込みする

学生がクレジットカードを申し込みする際には、キャッシング枠を0円で申し込みするのが前提です。

クレジットカードの審査では、

・ショッピング枠
・キャッシング枠

と、それぞれ別の審査基準で審査されます。

キャッシング枠を希望した場合、ショッピング枠の審査に加えてキャッシング枠の審査もありますので、審査の難易度が高くなってしまいます。
ですので、収入のない、またはアルバイトで少額の収入の学生の場合、キャッシング枠は0円で申し込みをするのが無難です。

必要があれば、クレジットカード発行後に別途キャッシング枠の審査を申し込みすることができますので、まずは審査通過に重点を置いて申し込みしましょう。

また、学生専用カードなどの場合、キャッシング枠が対象外となっているカードも多くなっています。

申込フォームはすべて記入する

クレジットカードの審査では、コンピューターによる自動審査が採用されているケースが多くなっています。

各クレジットカードの審査基準は公表されていませんが、申し込み情報を点数化する「スコアリング」という方法が一般的です。
スコアリングでは、申込フォームの各情報を点数化しますので、各項目を正確に記入して申し込みをしなければなりません。

また、申込フォームには、

・必須項目
・任意項目

と、任意で記入する「任意項目」がありますが、任意項目もできるだけ埋めておくようにしましょう。

コンピューターによるスコアリングの際に、任意項目も加点される可能性がありますので、審査通過の可能性もアップすると考えることができます。
また、ケアレスミスでの記入ミスの場合も「虚偽の申告」と判断される場合がありますので、申込フォームを送信する前には間違いがないか必ず確認しておきましょう。

学生向けクレジットカードなら親の信用情報の影響をうけにくい

親の信用情報に不安がある方の場合も、学生向けクレジットカードなら親の信用情報の影響をうけにくい可能性があります。

学生向けクレジットカードは、ターゲットを学生に絞ったカードとなっており、親の信用情報よりも本人の将来性が重視されることが考えられます。
また、学生向けクレジットカードでは、年会費やポイント還元率が一般的なクレジットカードよりも優遇され、お得です。

ここでは、はじめてクレジットカードを申し込みする学生におすすめの、学生向けクレジットカードをご紹介します。

三井住友VISAデビュープラス

・年会費:初年度無料、2年目以降税別1,250円
・家族カード:初年度無料、2年目以降税別400円
・還元率:1.0%

老舗クレジットカードとして信頼度の高い、三井住友カードの学生向けクレジットカードが「三井住友VISAデビュープラス」です。

三井住友VISAデビュープラスは、初年度年会費無料、2年目以降も年間1回以上の利用で年会費が無料になる特典があり、学生でも年会費が負担になりません。
入会後3か月間はポイントが5倍、さらに4か月目以降もいつでも通常の三井住友カードの2倍の還元率でポイントが付与され、ポイントも貯めやすいお得なカードです。

また、三井住友VISAデビュープラスでは、25歳を超えた最初の更新でワンランク上の「三井住友VISAプライムゴールド」にランクアップする特典があります。

プライムゴールドは、30歳を過ぎると「三井住友VISAゴールドカード」にランクアップしますので、学生のうちからゴールドカード取得が約束されます。

JCB CARD EXTAGE

・年会費:無料
・家族カード:無料
・還元率:0.75%

国産で唯一国際ブランドを持つ、JCBカードの学生向けクレジットカードが「JCB CARD EXTAGE」です。

JCB CARD EXTAGEでは、入会後3か月間はポイント3倍、さらに4か月目以降も通常のJCBカードの1.5倍の還元率でポイントを貯めることができます。
JCBカードのポイントは、ギフト券や共通ポイントはもちろん、ディズニーのパークチケットにも交換できますので、カードの利用で貯まったポイントでディズニーにも行けます。

JCBカードでは、セブン-イレブンやスターバックスでのポイントアップ特典もありますので、学生のライフスタイルにも最適なクレジットカードです。

また、JCB CARD EXTAGEでは、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯していますので、海外旅行用のクレジットカードとしても優秀です。

学生専用ライフカード

・年会費:無料
・還元率:0.5%

使い勝手の良いクレジットカードを多く発行する、ライフカードの学生専用カードが「学生専用ライフカード」です。

学生専用ライフカードでは、海外でのカード利用分がいつでも5%キャッシュバック還元される、驚異的なキャッシュバック特典があります。
海外でのホテル代・食事代はもちろん、ショッピングの代金も一律で5%キャッシュバックされますので、学生の留学や卒業旅行にも最適なクレジットカードです。

さらに、ライフカード共通の特典として、入会後1年間はポイントが1.5倍付与されますので、ポイントもお得に貯めやすくなっています。

誕生月には、1か月間ポイントが3倍になる特典がありますので、自分用の誕生日プレゼントもお得にカードで買うことができます。

まとめ

学生のクレジットカード審査では、親の信用情報は切り離すことができない関係があります。

未成年の学生がクレジットカードを申し込みする際には、親権者の同意が必要ですので、親に内緒でクレジットカードを作ることはできません。
収入のない学生の場合でも、親の信用情報で審査をうけることができますので、学生のうちからクレジットカードを持つことが可能です。

反面、親の信用情報に問題がある場合、学生本人がクレジットカードを申し込みするのがはじめてでも審査に落ちてしまうケースもあります。

親の信用情報で審査落ちになったことが疑われる場合、フリーターとして申し込みするなど、工夫して申し込みすれば審査通過の可能性は高くなりますよ。

-学生のクレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2019 All Rights Reserved.