学生におすすめのクレジットカードを紹介!それぞれのメリットを比較

学生おすすめアイキャッチ画像

大人になってクレジットカードを持つと、お金を使う考え方が変わったり、自身で家計を管理する意識が芽生えたりするのではないでしょうか。また、クレジットカードを持つことはお金の使い方について考えるだけでなく、社会的な信用を積み重ねていくことにつながります。
実は、クレジットカードは学生のうちから保有することができ、デビューする場合は早めが良いと言います。
なぜ学生のうちにカードを持っておくと良いのか、メリット・デメリットを含めてその理由を見てみましょう。

 

 

大学生からクレジットカードを利用可能

クレジットカードは基本的に満18歳以上から申し込むことができますが、このうち「高校生」は不可とされています。つまり、満18歳以上の学生の場合は大学生や専門学生を指すということです。
満18歳以上でも未成年のため、クレジットカードの申し込みには親権者の同意が必要となります。

 

学生向けのクレジットカードの選び方

学生のうちにクレジットカードを持つ人も少なくありませんが、最初に持つべきカードはよく吟味しましょう。
なぜクレジットカードを持つのかという目的と、その目的に合ったカードを持つようにするのがおすすめです。

<目的別、ぴったりなカードの条件とは>
・節約したいなら
ポイントを貯めやすい高還元率のクレジットカードがおすすめ。

・よく車を運転するなら
クレジットカードとともに利用できるETC付帯カードがおすすめ。

・海外旅行に行くなら
ケガや盗難などに備えて、海外旅行傷害保険付帯カードがおすすめ。

・ハイステータスカードを持ちたい
社会人になったときにすぐ高いランクに切り替えができるよう、系列の学生カードがおすすめ。

 

学生におすすめのクレジットカード3選

ここまでを踏まえて、学生の方におすすめのクレジットカードをご紹介していきます。
各カードの特徴をチェックして、自分にぴったりのカードを見つけてみてください。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの券面画像

最初にクレジットカードを持つなら、できるだけブランド力があり、信用を確実に積み重ねていくことをおすすめします。
そのため、クレジットカードデビューをするなら広く知られているブランドがおすすめです。

三井住友VISAカードなら誰もが知っているクレジットカードと言っても過言ではなく、中でもこちらの「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」は学生専用の便利なカードとして利用されています。

<三井住友VISAデビュープラスカードのおすすめポイント>
・初年度年会費無料(2年目も前年1回以上の利用で無料)
一度でも利用すれば次年度の年会費が無料になるため、実質ずっと無料と言えます。年会費がかからずコストパフォーマンスに優れたクレジットカードです。

・知名度が高い
前述のとおり、三井住友カードは知名度が高く、信用を積み重ねて「クレジットヒストリー」を作るのにぴったりのカードと言えます。

・26歳になるとプライムゴールド・ゴールドが持てる
満26歳以降はワンランク上のプライムゴールドカードに切り替わるため、すぐにハイステータスカードを持つことができます。

年会費(初年度)無料
(次年度以降)通常1,250円(税抜)
年1回利用で無料
国際ブランドVISA
発行期間最短翌営業日
ポイント還元率1.0%

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト

 

セゾンブルー・アメックス

海外旅行に行く方におすすめなのが、アメリカンエキスプレスカード、通称アメックスです。
海外旅行に関する保険や旅行サポートなどのサービスが付帯しており、万が一のときにも安心という特徴があります。また、セゾンカードはオンライン申し込みをして店頭(全国のセゾンカウンター)で受け取りなら、最短で即日発行可能というのも魅力です。

<セゾンブルー・アメックスのおすすめポイント>
・年会費無料(26歳まで)
U25応援キャンペーンとして、26歳になるまで通常3,000円(税抜)の年会費が無料になります。

・海外旅行傷害保険最大3,000万円
海外はもちろん、国内旅行中の事故については最高3,000万円まで自動的に補償されます。国内旅行の場合は旅行代金をこのカードで支払うなどの利用条件がありますが、国内外問わず補償があるのは安心です。留学や卒業旅行も、万が一の事態に備えることができます。

年会費26歳まで年会費無料
26歳以降3,000円(税抜)
国際ブランドAmericanExpress
発行期間最短即日発行
ポイント還元率0.5%

セゾンブルー・アメックスの公式サイト

 

JCBCARD W

JCBカードWの券面画像

国際ブランド・JCBのクレジットカードです。
WEB入会限定という特徴があり、年会費無料・高いポイント還元率とユーザーにとって嬉しいカードです。
JCBは海外に行くと使える幅が狭まりますが、日本国内で利用する分にはほぼ困らないと言っても過言ではないでしょう。

<JCBCARD Wのおすすめポイント>
・年会費無料
39歳までに申し込みをすると、その後の年会費は一切かからないというカードです。また、WEB入会限定という条件もあります。

・ポイントが常に2倍
年会費は無料ですが、利用時に貯まるポイントはずっと2倍ととてもお得です。

・ETCカードも無料
JCBでは、ETCカードの追加が無料でできます。年会費も無料のため、車を運転する方におすすめです。

年会費39歳まで・WEB申し込みで無料
国際ブランドJCB
発行期間最短3営業日
ポイント還元率1.0%

JCBCARD Wの公式サイト

 

学生がクレジットカードを作る際の審査基準

学生の方がクレジットカードを作る際、どのような審査が行われるのでしょうか。
一般的には「安定した収入がある」ことが第一条件であり、カードによってはアルバイト・パートでも対象になったり、専業主婦の方でも配偶者(夫)の収入が安定していたりなど、条件を満たせば申し込むことができます。

<一般と違う学生の審査基準>
・年収や勤続年数が問われない
・携帯電話料金(端末料金の分割)滞納があるかどうか
・親(親権者)の返済能力

このように、社会人と違って年収や勤続年数のほか、居住年数といった基本的な情報が省かれるため、審査に通りやすくなっています。
逆に、学生でもクレジットカード審査に落ちてしまうというのは以下のようなことが考えられます。

<審査落ちする理由>
・複数枚の申し込み
・他のカードで延滞履歴がある
・申込書類の不備
・キャッシング枠を大きくして申し込んでいる

さらに学生の場合、アルバイトはできてもあまり収入が大きいとは言えません。ですが、学生の方の場合はクレジットカードの審査で優遇されると言います。その理由としては、利用できる上限金額が低いことや、もしものときに親権者から回収できるということ、保有したカードをそのまま長期間使い続けてくれるという理由があるからです。

 

学生が利用できるクレジットカードの上限金額

 

学生が持つクレジットカードですが、上限金額はほぼ原則として「10万円」になっています。
ただ、親権者の同意がある場合は20~30万円に引き上げることも可能です。同意がない場合にはカード会社側が回収できないリスクも高くなるため、原則として10万円が一般的です。

 

学生がクレジットカードを使用するメリット

学生の方がクレジットカードを使うメリットとして、どのようなことが考えられるのでしょうか。

<クレジットカードを使うメリットとは?>
・支払いを2ヶ月延長できる
クレジットカードの請求は翌月、もしくは翌々月となるため、手持ちの現金がなくても最長2ヶ月支払いを遅らせることが可能です。

・海外での安心サービスが付帯している
留学や卒業旅行で海外に行く際には、万が一に備えた保険に加入しておきたいところです。海外旅行傷害保険や電話によるサポートがあるカードなら、慣れない海外に行っても安心できるサービスを受けることができます。

・ポイントプログラムがお得
学生のうちはポイントが貯まりやすい仕組みが適用されるなど、ポイントプログラムがお得になります。クレジットカードはキャッシュレス決済となるため、現金に比べるとポイントが貯まって節約にもつながります。

 

学生がクレジットカードを使用するデメリット

<クレジットカードを使うデメリットとは?>
・出費が増える
クレジットカードの場合、現金と違って手元でお金を管理しづらくなります。限度額にすぐ到達してしまうこともあり、出費が増えてしまう懸念があります。

・カードによっては年会費がかかる
利用するカードによっては年会費がかかるのもデメリットのひとつです。できれば年会費が永年無料のものや、無料になる条件が緩いものをおすすめします。

 

まとめ

学生の方がクレジットカードを持つことも珍しいことではなくなりました。光熱費や税金の支払いはもちろん、日々の買い物でもクレジットカードを利用することで、お得にポイントを貯めて節約することができます。ただ、学生のうちは利用できる上限額も低いことや、支払い能力が決して高いとは言えないため、使い過ぎには注意しましょう。

-学生のクレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2020 All Rights Reserved.