ETCカードの作り方を解説!使い方とメリットについて

セゾンETCカード

高速道路料金を自動で決済するのに便利なのがETCカードです。車に乗らない人にはあまり馴染みのないカードかもしれませんが、定期的に車を利用する方であれば、ぜひ持っておきたい1枚です。今回はETCカードの基本的な情報と作り方、利用方法についてお伝えいたします。

 

 

ETCカードの種類は3つ

ETCは、有料道路を利用する際に料金所で停止することなく自動で電子決済を行えるシステムのことで、ETCカードは、ETCを利用する際に必要となるカードのことを指しています。
ETCカードには3つのタイプがあります。それぞれ「ETC専用カード」「クレジットカード一体型」「ETCパーソナルカード」として、ご紹介します。

 

ETC専用カードタイプ

カード1枚にETCの機能のみ付いているタイプのETCカードです。発行しているのはクレジットカード会社で、クレジットカードと連携する形で決済を完了させています。現在利用しているクレジットカードがあれば、それに付帯するサービスとして作成することができるものもあります。
ETC専用カードタイプのメリットは、ETCを有効にするための車載器にカードをセットしておいたままにしても、大きなトラブルには繋がりにくいということ。毎日高速道路を走るようなドライバーの方に、特におすすめです。クレジットカード一体型の場合は、車上荒らしなどにあってカードを抜かれてしまうと、クレジットカードが乱用されて大きな損失を被ってしまうというリスクがあります。ただし、ETC専用カードであってもこうした危険はゼロではありませんので、駐車時には極力カードは取り除いておくようにしましょう。

 

クレジットカード一体型

カード1枚にクレジットカードの機能も付いているのが、一体型ETCカードです。こちらもクレジットカード会社が発行しており、クレジット決済の形で処理を行っています。現在利用しているクレジットカードがある場合、ETC一体型に変更してもらうためには、一度カード会社に連絡し、クレジットカードの再発行手続きを行う必要があります。
クレジットカード一体型ETCカードのメリットは、カードの枚数が増えないため、管理が楽であるという点です。時々しか有料道路を走らないという方は、一体型にしておいたほうが、扱いやすいと言えるでしょう。
カード本体は、通常のショッピングなどでも使えるクレジットカードであることに変わりはありません。

 

クレジット機能がないETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、ETC専用カードと同様に、ETCの機能しか付いていないカードです。高速道路を運営している6社が共同して発行しているETCカードで、使い方はETC専用カードやクレジットカード一体型のETCカードと同様です。
デポジット(保証金)制度があり、毎月の平均利用額の4倍をあらかじめ預ける必要があり、また年会費もかかってしまうというデメリットもありますが、何らかの理由でクレジットカードを発行できない方であっても審査なしで利用することができるという点がメリットです。
クレジットカードの審査が通らない方で、かつETCカードが必要という方は、パーソナルカードを発行するのがよいでしょう。

 

ETCカードの作り方は3通りある

ETCカードの作り方は、「クレジットカードを作るタイミングで一緒にETCカードを発行する」「今持っているクレジットカードにETCカードを付加する」「ETCパーソナルカードを作る」の3通りがあります。
それぞれに分けて、どのように作るかをご紹介いたします。

 

【ETCカードの作り方】クレジットカードと同時発行の場合

まずは、クレジットカードとETCカードを同時に発行する方法についてです。
クレジットカードを発行する際に、「同時にETCカードを申し込む」などの項目にチェックを入れると、申し込みが可能になります。

 

①クレジットカード発行・ETCカード発行オプション申し込み

ETCカード発行は、あくまでもオプションサービスです。そのため、申込時にこちらから発行を依頼しないと、ETCカードを手に入れることはできません。また、ETCカードの発行は、クレジットカード会社によって年会費、発行手数料が異なります。クレジットカードの年会費が無料でも、ETCカードは有料になるものも少なくありませんので、注意が必要です。もし使う見込みがないのであれば、有償のETCカードは発行しないほうがよいでしょう。

 

②審査

ETCカードの発行には審査がありません。そのため、クレジットカードの発行ができる場合にETCカード発行オプションを申し込んでいれば、ETCカードも自動で発行されるということになります。
クレジットカードの審査では、「年齢」「年収」「個人信用情報」の3つを調べられます。18歳以上(高校生を除く)で、年収が200万円以上あり、過去にローンなどで支払遅滞を繰り返していなければ、発行してもらえる可能性は非常に高いです。もし複数枚のクレジットカードを一度に作ろうとしている場合は、審査に落ちる確率が上がってしまいます。ETCカード作成のために新規クレジットカードを発行するのであれば、後述する「クレジットカードに追加発行の場合」をチェックし、そちらの方法でETCカードを取得するようにしたほうがよいでしょう。

 

③クレジットカード・ETCカード発行

ETCカードも、クレジットカードの審査が完了してから発行されます。審査にかかる時間は、ETCカード発行オプションを申し込まないときと同じくらいです。早ければ即日で審査は完了し、3日程度で郵送されてくるでしょう。クレジット一体型のカードを申し込んでいる場合は、ETC機能付きのクレジットカードだけが送られてきます。ETC専用カードを発行する場合、基本的にはクレジットカードと一緒のタイミングで送られてきますが、カード会社によっては別々に送付される場合もあるので確認が必要です。
クレジットカードは本人限定郵便のため、運転免許証等、個人が特定できる本人確認書類を提示しないと受け取ることができません。そのため、クレジットカード一体型、およびクレジットカードとETCカードが同時に1つの封筒で郵送されてくる場合は、本人しか受け取ることができません。一方、ETCカードのみで送られてくる場合は、「あて所配達」である簡易書留です。そのため、ETC専用カードの発行を依頼しており、かつ別々のタイミングで送付されてきた場合には、家族でも受け取ることが可能となります。
基本的には本人限定郵便で届く可能性が高いので、受け取るための準備をしておきましょう。

 

同時発行の場合のETCカード作成に必要なもの

クレジットカードと同時発行でETCカードを作成する場合に必要なものは、特にありません。ETCカードを発行する際に必要なデータが、基本的にクレジットカードを作成するときに必要なデータと一緒だからです。また、ETCカードを利用した際の料金もクレジットカード決済の金額として処理されて請求されるため、口座情報なども別に記載する必要がありません。

 

【ETCカードの作り方】クレジットカードに追加発行の場合

すでにクレジットカードを持っており、既存のカードにETCの機能を追加する方法について、ご紹介します。

 

①所有クレジットカードにETCカード追加発行申し込み

カードによっては、ETCカードに対応していないものもあります。まずは、ETCカードを設定したいクレジットカードがETCカードを発行するサービスを行っているか調べましょう。インターネットで該当するカードの名前を検索します。例えば、「Yahoo!Japanカード ETC」のように、カードの名称と「ETC」というワードで検索をかけることで、クレジットカードのサービスとしてETCカードが発行できるか、年会費や発行手数料がいくらかかるかを調べることが可能です。
ETCカードが発行できるサービスだとわかった場合は、「ETCカードの発行手続き」に進みます。インターネットでクレジットカードの登録内容が照会できるものは、そのままオンラインで手続きが完了する場合がほとんどです。画面の指示に従って、ETCカード発行手続きを行ってください。もし店頭申込などで発行しているカードで、かつETCカードの発行方法がわからない場合は、クレジットカードを作成した店舗に行くのが最も確実な方法でしょう。

 

②審査

ETCカードの発行に審査はありませんが、クレジットカードでの支払い状況がよくない場合などは、途上与信という審査が行われる場合があります。途上与信では、クレジットカードの支払い状況のほかに、追加でローンを組んでいるかどうかなど、クレジットカード発行時審査と同様の個人信用情報の調査が行われます。もし途上与信で審査落ちとなってしまった場合は、クレジットカード自体の没収(発行停止)となる可能性もあります。考えにくい事態ではありますが、もし支払遅滞を繰り返していたり、大型の住宅ローンやマイカーローンを組んだりしているような場合は、念のため注意が必要です。

 

③ETCカード発行

この方法でETCカードを発行してもらう場合、基本的にはETC専用カードになります。無事発行となれば、ETC専用カードのみが簡易書留で送られてきます。簡易書留は通常の宅配便等と同様に、自分以外でもサイン1つで受け取ることができるので、もし不在の場合は、家の人に受け取っておいてもらいましょう。

 

追加発行の場合のETCカード作成に必要なもの

現在クレジットカードを所有している人が追加でETCカードを作る際に必要な書類はありません。年会費や発行手数料がかかることもありますが、それらはクレジットカードでの決済と同時に行われる場合がほとんどです。

 

【ETCカードの作り方】クレジット機能なしETCパーソナルカードの場合

ETCパーソナルカードは、クレジット機能のないETC専用カードです。ここでは、ETCパーソナルカードの作り方をご紹介します。

 

①申込書を入手

ETCパーソナルカードは、利用申込書を提出して発行を依頼します。『ETCパーソナルカードwebサービス』のHP(https://www.etc-pasoca.jp/)にアクセスし、サイト内の『ETCパソカ申込書作成』をクリックします。必要事項を入力したら、PDFの情報をA4サイズで印刷し、氏名、口座名義等の自著、および銀行届印を捺して、本人確認書類を同封した上で、指定の宛先に郵送することになります。
もしプリンターを持っていない場合は、サービスエリアやパーキングエリアにETCパーソナルカードの申込用紙がありますので、そちらを利用して申し込みましょう。

 

②必要項目を記入し郵送

ETCパーソナルカードを申し込むのに必要な情報は、以下の通りです。
・氏名
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・利用料金引き落とし用の銀行口座情報
また、本人確認書類として、申込内容と同一の住所が書いてある運転免許証のコピーが必要となるほか、利用料金引き落とし用の銀行に届けている口座銀行印の捺印も必要となります。

 

③デポジット金の振り込み

ETCパーソナルカードの申込時には、デポジット(保証金)が必要です。ETCパーソナルカードの利用金額に対する債務を保証するためのものであり、支払い義務があります。デポジットの金額は、以下のように決められています。
まず、利用者個人で平均利用月額を5,000円単位で切り上げて申告します。例えば毎月6,000円分程度有料道路を利用する場合、平均利用月額は10,000円として評価されます。
次に、その平均利用月額の4倍の額が初期のデポジットとして算出されます。上記の例の場合は、40,000円がデポジット額です。
ETCパーソナルカードを申し込んだのち、ETCパーソナルカード事務局からデポジット払込用紙が送られてくるので、コンビニで指定の金額を振り込みます。
振り込みが完了したら、ETCパーソナルカードの発行手続きが開始されます。

 

④ETCパーソナルカード発行

ETCパーソナルカードは、デポジットの入金からカード到着まで2週間程度待つ必要があります。すべての書類を郵送でやりとりするため、最初のETCパーソナルカード申込書郵送から考えると、手元にカードが届くまでに約3週間以上はかかるという点に注意が必要です。
ETCパーソナルカードが送られてくる際は簡易書留、転送不可郵便ですので、自分で受け取れない場合は、家の人に受け取ってもらうようにしましょう。

 

ETCパーソナルカード作成時に必要なもの

ETCパーソナルカード作成時に必要なものは、利用料金引き落とし用の銀行口座情報とその届出印、運転免許証のコピー、デポジット金、郵送用の封筒と切手等です。プリンターは必須ではありませんが、自宅で申込書を簡単に作成できるので、持っていると便利です。
特にクレジットカードと連携されたETCカードと大きく違うのは、デポジット金が必要であるという点です。デポジット金は平均利用月額の4倍を事前供託として振り込まなければならないため、初期投資費用がかなり大きくなってしまいます。さらに、デポジット金額の80%までしか有料道路を利用できません。例えばデポジットを40,000円としていた場合、1か月に32,000円以上高速道路を利用すると、ETCカードが一時的に利用できなくなってしまうのです。使用頻度が高くなる見込みがある場合は、デポジットの増額を別途申請する必要があり、この手続きにもそれなりに時間が取られてしまいます。
月ごとの利用料に大きな変動がある方の場合、ETCパーソナルカードよりもクレジットカード連携の方がメリットは大きいと思います。

 

ETCカードを作成するメリット

ETCカードを作成することで得られるメリットは、大きく2つあります。それぞれについてご紹介しましょう。

 

料金所で毎回止まって支払いをする必要がない

ETCカードがない場合、有料道路の出入り口で1度車を停めて、入場券を係員の方に手渡しし、表示された金額を支払う、というステップがあります。これは非常に煩雑で、特に現金支払いの場合は小銭を落とすなど面倒な事態に見舞われることも。
ETCカードがあれば、ETC専用レーンを時速20km以下で通過するだけで、自動的に入場・退場処理が行われます。そのため、面倒な支払い処理を手作業で行う必要がなく、快適に移動できるのです。

 

貯まるポイントや割引などで料金がお得になる

ETCカードは、持っているカードの種類にかかわらず、通行時間帯によって様々な割引優遇が受けられます。割引のサービス内容や価格等については時期や走る有料道路によって異なりますので、NEXCO各社が発表している公式情報を確認してださい。
さらに、クレジットカードと連携しているETCカードを持っている場合には、クレジットカード会社ごとの特別な優遇サービスを受けられる場合があります。例えばイオン首都高カードの場合、日曜日の首都高速道路の通行料金が5%オフになったり、首都高のパーキングエリアでのショッピングでポイントが5倍もらえたりと、かなりお得なサービスを受けられるのです。
ETCの特典にも注目して、クレジットカードを選びたいですね。

 

ETCカードの使い方

ETCカードを手に入れたとしても、そのままではカードは使えません。ETCカードを利用できるように、セットアップしましょう。

 

①ETC車載器を用意する

ETCカードを利用する場合、ETCカードとは別にETC車載器を用意する必要があります。これは、ETCカードの発行を頼んだからといって手に入るものではありません。
ETC車載器には、ビルトインタイプ、2ピースタイプ、3ピースタイプの3種類があります。車本体にETCカードを差し込む場所があるものをビルトインタイプといい、この形式の車に乗っている方であれば追加でETC車載器を購入する必要はありません。そうでない場合は、カー用品店などに行ってETC車載器を購入し、取付工事も行ってもらうといいでしょう。
安いものであれば1万円程度で本体購入から設置までしてもらうことが可能です。

 

②ETC車載器に車両情報を登録

取付工事と前後して、「セットアップ」と呼ばれる作業が必要となります。ETCの不正利用を防止するための暗号処理など、高度なセキリュティ処理を行わなくてはならないので、個人では対応ができません。これについても、カー用品店などで資格を持った方に対応してもらう必要があります。
登録する際に必要なものは、車検証と運転免許証等の本人確認書類です。申込書に必要事項を記入の上、担当の方にセットアップ処理を行ってもらいましょう。
店舗によって登録方法等が異なりますが、最短であれば即日、長い場合だと1週間程度かかることもあります。詳しい内容については、それぞれの店舗に確認してください。

 

③ETC車載器にETCカードを挿入

②までで設置したETC車載器に、別で用意していたETCカードを挿入します。ETCカードの向きが正しいことを確認して、ゆっくり挿入しましょう。正しく反応すれば、車載器のランプが緑色に点灯して、ETCカードが挿入されたという内容のメッセージが流れます。
ETCカードを発行してもらったばかりのタイミングでは起こらないことですが、ETCカードを長期間利用していて有効期限が切れてしまった場合は、ETCカードの挿入自体は行うことができ、かつ車載器も反応するのですが、実際には支払いができなくなってしまい、ETC専用レーンのゲートは開かなくなります。ETCカードの有効期限には気を付けましょう。

 

④時速20km以下でETCレーンを走行

ETCカードを挿入した後に利用する場合、有料道路の入出場の際にETCの処理ができるレーンを通過しましょう。なお、ETC処理ができるレーンを走行する際は、通信処理を有効にするために時速20km以下にする必要があります。
もし高速道路の出入り口にETC対応レーンがない場合は、有人窓口で対応してもらうことになります。入口でETC対応レーンがない場合は、通行券を取って高速道路に進入し、出口では有人窓口にETCカードと通行券を手渡し、「入場時にETC対応レーンがなかった」と伝えましょう。出口にのみETC対応レーンがない場合は、入場時に使用したETCカードを有人窓口に渡すことで精算処理をしてもらえます。

 

まとめ

ETCカードは高速道路をよく利用する方にとって、非常に便利なカードです。クレジットカードと連携しているタイプであれば申し込みも簡単で、カードが到着次第すぐに利用できます。お得に有料道路を利用したい方は、ぜひ年会費や発行手数料が無料で済むETCカードを申し込みましょう。

-ETCカードの作り方

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2020 All Rights Reserved.