海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカード

海外旅行に行こう!となった時、楽しみな思いとともに「スリにあったりしないかな」「体調を崩したらどうしよう」という心配な気持ちにもなります。そんな時に役に立つのが「海外旅行保険」。もしも旅行先で盗難にあったり、急病の為に病院で治療を受けた場合などに、その損失や出費に対して補償をしてくれる保険です。海外旅行保険に入りたい場合は、インターネットや空港などで申込みをする事ができますが、実はクレジットカードの中には、そのカードを持っている事で、海外旅行保険の補償を受けられるお得なカードがあります。

クレジットカードの海外旅行保険の基礎知識、補償の内容、補償を受ける方法について解説します。また、おすすめの海外旅行保険付帯のクレジットカードについても紹介していますので、参考にしてください。

 

クレジットカードの海外旅行保険

クレジットカードのお得なサービスの一つである海外旅行保険ですが、前述の通り全てのカードに含まれているわけではありません。またカードによっては、保険の利用に際して条件があるタイプもあるので注意が必要です。尚、この利用条件がないタイプを「自動付帯」あるタイプを「利用付帯」といいます。
(自動付帯)
クレジットカードを持っているだけで、保険適用の対象となる
(利用付帯)
旅行に関わる代金(※)を、クレジットカードで支払う事で、保険適用の対象となる
(※)海外旅行のツアー代、航空券代、ホテル代、出国までの公共交通機関の利用料など
多くは、自動付帯か利用付帯のいずれかのタイプに分かれていますが、中には、基本は自動付帯だけれども、利用付帯の様に条件を満たす事で、補償金額を上げる事のできるカードもあります。海外旅行の際には、自身が持っているカードがどちらのタイプのカードなのか、また利用付帯の場合には、利用条件がどの様な内容となっているのかを十分に確認しましょう。

 

クレジットカード海外旅行保険の補償内容

クレジットカードに含まれる海外旅行保険には、海外旅行中の様々なリスクに対応した、以下の様な補償があります。
・傷害死亡・後遺障害
海外旅行中の事故などによるケガが原因で亡くなった場合や、後遺障害が生じた場合に、その程度に応じて補償を受ける事ができます。ただし、病気が原因で亡くなった場合には、補償の対象とはなりません。
・傷害治療費用
海外旅行中の事故などによるケガに対して、治療を受けた場合に、その費用に対して補償を受ける事ができます。
・疾病治療費用
海外旅行中に発病した病気に対して、治療を受けた場合に、その費用に対して補償を受ける事ができます。ただし、持病などの旅行前に既に発病していた病気に対する治療は、補償の対象とはなりません。
・賠償責任
海外旅行中に、他人にケガを負わせてしまったり、誤って他人の物を壊してしまうなどして、法律上の損害賠償責任が発生した場合に、その費用に対して補償を受ける事ができます。
・救援者費用
海外旅行中に、ケガや病気などにより一定期間入院をしたり、亡くなってしまった場合で、親族が現地に渡航した場合などに、その費用に対して補償を受ける事ができます。
・携行品損害
海外旅行中に、携行品(携帯電話・カメラ・バッグ・航空券など)が盗まれたり、壊れてしまったりして、損害が生じた場合に、その費用に対して補償を受ける事ができます。ただし、現金やクレジットカードなど、補償の対象とならない物品もあります。
以上が、クレジットカードに含まれる海外旅行保険の、一般的な補償内容になりますが、上記の事象にあてはまったとしても、その原因が自身の重大な過失などによる場合には、補償の対象とはならないケースもありますので、ご注意ください。
尚、上記の補償以外にも、航空機の出航遅延による飲食費や乗継遅延などによる宿泊費、預けた手荷物の紛失などによる衣類購入費なども補償してくれるカードや、カードの名義人だけではなく、その家族も補償の対象となっているカードもあります。
また、補償金額もカード会社によって異なりますので、海外旅行の際には、自身が持っているカードの補償内容についても、事前に確認をしておきましょう。

 

海外旅行保険の補償を受けるには

海外旅行中、もしも保険を使わなければならない事象が発生した場合、まずはカード会社の専用窓口に電話をしましょう。
手続き自体は帰国後に行う場合でも、渡航中に手配が必要な書類などもありますので、窓口の担当者にきちんと確認する事が大切です。
慌てず対応する為にも、旅行に行く前には、渡航先から窓口に電話をする方法について確認し、メモなどに控えておきましょう。
ちなみに、海外の病院でケガや病気の治療をする場合には、日本の健康保険はもちろん適用されませんので、その治療費は高額になります。
お金が足りずに支払いができない事もあり得ますが、一般的には、カード会社が病院に直接支払いをするキャッシュレスサービスなども提供されています。
また、クレジットカードを複数枚、所有している場合、傷害死亡・後遺障害に対する補償以外は、その補償額を合算する事ができます。
例えば、傷害治療費用額が300万円の2社のカードを所有している方が、ケガをして500万円の治療費がかかった場合、
A社から300万円、B社から200万円の合計500万円の補償を受ける事ができます。
もしも、該当する事象が発生した場合には、それぞれのカード会社に連絡をして、請求漏れのないようにしましょう。

 

海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカード

 

エポスカード

エポスカードの券面画像

海外旅行保険が自動付帯!
年会費無料!
即日発行可能!
マルイ最大10%OFF!

エポスカードは、年会費無料カードですが、海外旅行保険が自動付帯されます。自動付帯とはクレジットカードを所有しているだけで、適用されるので、これから海外旅行を計画している方におすすめです。即日発行可能なので、すぐに作れます。マルイが最大10%OFFで利用できるのも特徴です。
海外旅行保険国際ブランド年会費
最高2,000万円
(自動付帯)
VISA無料

エポスカードの公式サイト

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

海外旅行保険付帯!
年会費無料!
3営業日発行!
VISAの定番!

三井住友VISAクラシックカードは、海外旅行の旅費をクレジットカードで支払っておけば海外旅行傷害保険(最高2,000万円)が付帯されます。海外でも安心のVISAカードなので、海外旅行を予定している方におすすめです。作り方は、公式ホームページの申込ボタンから、申込を行えば最短3営業日でカードが発行されます。
海外旅行保険国際ブランド年会費
最高2,000万円
(利用付帯)
VISA実質無料

三井住友VISAクラシックカードの公式サイト

まとめ

この様に、クレジットカードには、利用者に対するサービスの一環として、海外旅行保険を提供しています。
利用方法や補償内容などは、カード会社によって様々ですので、是非この機会にご自身のカードについて確認してみてください。
また、もしもその補償に不足を感じた場合には、他社のカードへの申込みを検討されても良いかもしれません。
前述の通り、合算される補償もありますので、上手に活用しましょう。

-クレジットカードのおすすめ
-

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2020 All Rights Reserved.