国際ブランド

クレジットカードをはじめて作る方にとって、国際ブランドは、一体どういうものなのか分からない方も多いと思います。決済できるならなんでもいいでしょ!って軽いノリで決めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。あらかじめ知っておけばよかったと後悔する前に、VISAやMasterCardなどの各国際ブランドごとの特徴や違い、選び方について解説します!

 

クレジットカードの国際ブランド種類と特徴

  • VISAロゴ画像
  • Mastercardロゴ画像
  • JCBロゴ画像
  • アメックスロゴ画像

クレジットカードの「国際ブランド」ですが、世界のどの国でも、その会社のクレジットカードを利用して買い物ができるような決済システムを提供している企業を指します。海外で買い物をする際には、多額の現金を持ち歩くことの不安や両替の手間など、日本とは違ったいろいろな問題が伴います。そんな時に国際ブランドのクレジットカードを持っていると、必要最低限の現地通貨を持っているだけで気軽にショッピングを楽しむことができるのです。

 

VISA

VISAは、1958年にアメリカのカリフォルニア州に設立されたクレジットカードの決済システムを提供している会社です。現在、VISAのマークがついたクレジットカードを持っている人は、20億人以上ともいわれ、世界中で使われています。
国際ブランドには、自社ブランドのプロパーカードとライセンス契約をしている加盟店と提携して作った提携カードがあります。VISAはプロパーカードはなく、提携カードのみになります。銀行やデパート、多くの会社と契約をしているため、VISAマークのクレジットカードは非常に作りやすいといえます。
また、VISAの大きな特徴といえるのが、世界中に加盟店を持っていることでしょう。その数は、2位のMasterCardを大きく引き離しており、VISAのマークが付いていれば、使えない国はないといわれています。
VISAのマークが付いたクレジットカードといえば、銀行系の「三井住友VISAカード」が知られています。学生向けのクレジットカードもあるので、初めて持つカードとして作る人も多いでしょう。他にも、ライフカードやエポスカードというように、クレジットカードデビューに最適なカードにはVISAが付いています。

 

Mastercard

VISAカードに次いで、2番目のシェアなのが、Mastercardです。こちらも国内・海外で不自由なく使えます。
Mastercardは、VISAと異なり、自社で発行するクレジットカードと提携カードがあります。日本国内でも多くの提携カード発行先を持っており、またそれぞれの提携先が持つサービス、サポートの内容も幅広いため、それらをひとつひとつ吟味できるところもMastercardを選ぶメリットとなっています。
主な提携先には三井住友カード株式会社、アコム株式会社、楽天カード株式会社などがあります。それぞれの会社が行なっているキャンペーンは随時変わっていくので、気になった方はその内容を公式サイトなどでチェックしてみるといいでしょう。
そしてMastercard独自の持ち味であるのが「プライスレスジャパン」という、充実したキャンペーン、タイアップ企画を提供するプログラムです。世界各国でMastercard会員だけが利用できる特典を多数用意しており、例えば普段なかなか触れることができない劇場公演の舞台裏や、人気が高く入手が難しいコンサートチケットの確保など、他では体験できないイベントを積極的に会員へ提供しています。
他にもApple Payへの対応や、「Mastercard NearBy」というグローバルATM検索アプリの提供など、その規模にマッチした新しいサービスも随時始まっています。このように、常に新鮮な体験を会員に提供するところがMastercardの強みとなっています。

 

JCB

JCBは日本のクレジットカード会社で唯一の国際ブランドです。1967年にアメリカン・エキスプレスと提携して国際ブランドのクレジットカードを発行しました。国際ブランドには、自社でクレジットカードを発行している所と加盟店との提携のみという所があります。JCBは、自社発行と加盟店との提携、両方を行っているクレジットカードです。
JCBの加盟店は国内ではトップのシェアを誇りますが、2大国際ブランドである「VISA」や「MasterCard」、中国の「銀聯」がシェアを拡大しており、店舗によっては日本の中でもJCBが使えないという所があります。海外では、ハワイ、グアム、香港、韓国、台湾といった国では加盟店も多く、国際ブランドにJCBと書かれているクレジットカードが使えますが、VISAとMasterCardのシェアが大きい北米やヨーロッパでは、使いにくいといわれています。
JCBの特徴は、自社発行のクレジットカードであれば「Oki Dokiポイント」が貯められることです。1,000円で1ポイントで、貯めたポイントは商品と交換をしたり、スターバックスカードにチャージできます。また、1988年から東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーを務めており、ディズニー柄のクレジットカードが作れることでも有名です。

 

American Express

American Express(アメリカン・エキスプレス)は、国際ブランドのクレジットカードです。略して「アメックス」とも呼ばれますが、富裕層向けのクレジットカードとして広く知られており、ステータス性の高さは言うまでもありません。American Expressのプロパーカードには4種類があり、ユーザー側から申し込めるのは「アメリカン・エキスプレス・カード」と「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」の2つです。アメックスゴールドよりもステータスが高い「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」と「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」については、アメックス側がユーザーを招待する仕組みのため、ユーザー側からは申し込めません。
アメリカン・エキスプレス・カードはカード表面の色がグリーンなので、通称グリーンカードと呼ばれています。American Expressの中では一般カードにあたるもので、年会費は12,000円(税別)です。基本のカードとはいえ、その付帯サービスは他社のゴールドカードに匹敵する充実ぶりです。例えば、出発・帰国時のスーツケース無料配送や最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険、空港ラウンジの利用などがあげられます。アメックスゴールドの年会費は29,000円(税別)で、グリーンカードのサービスに加えて、家族カードが1枚無料、レストランでの優待特典、最高1億円の海外・国内旅行傷害保険などが追加されます。
American Expressのプロパーカードは年会費がかかる上、スーパーやネットショッピングでの買い物など、日本で普通に生活する分には特にメリットがないといえます。しかし、空港ラウンジを使えたり、海外旅行保険の補償額が厚かったりなど、海外旅行時に役立つサービスが充実しているため、海外へ行く機会が多い人にはおすすめです。そして、American Expressの最大の特徴はやはり、そのステータスの高さにあります。あなたがステータスを重視するのであれば、American Expressのクレジットカードに向いている人だといえます。欧米では、クレジットカードを所有していることで社会的地位を証明できるのだそうです。
金銭的に余裕があって、富裕層向けのサービスを受けたい人にもAmerican Expressは人気があります。例えば、アメックスゴールドの「プリファード・ゴルフ」というサービスは、海外の提携ホテルに2泊以上宿泊すれば、ホテルが契約しているゴルフコースのプレー代が無料になります。また、将来プラチナカードを所有したいと考える人は、アメックスゴールドにまず入会しましょう。利用実績がないことには、プラチナカードのインビテーション(招待)を受けることができないからです。

 

国際ブランドの選び方

国際ブランドについて、理解して頂けたと思いますので、ここからは国際ブランドの選び方について解説します。

 

海外に行くならVISAかMastercard

海外旅行に行く予定がある人と初めてクレジットカードを作る方には、VISAかMastercardがおすすめです。まず、VISAやMastercardのマークが付いたクレジットカードは世界中で使えるので、海外に行く時は必須になります。日本を代表する国際ブランドのJCBも使える国は増えていますが、VISAに比べると少ない状態です。

 

2枚目にJCBカードかアメックス

JCBカードやAmerican Expressは、国内に限れば利用する場所に困りませんし、2枚目に作る場合にはおすすめです。海外なんて一生行かない!という方は、1枚目でももちろんOKです。
JCBが向いている人は、すでに「VISA」や「MasterCard」といった国際ブランドのクレジットカードを持っている人です。国内で使うならともかく、海外旅行用として検討しているなら1枚目にJCBは向いていません。2枚目のクレジットカードであれば、国際ブランドとしてJCBと提携しているカードや「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」「JCB一般カード」を作ってもよいでしょう。特に18歳~39歳までの人なら「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」に申し込みをすれば、Oki Dokiポイントは一般カードに2倍付与されるので、ポイントも貯めやすいといったメリットもあります。

-クレジットカードの基礎知識
-

© 2020 クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!