デビットカードの作り方を紹介!クレジットカードのように使えるが無職や未成年でも作ることはできるのか

クレジットカードと似た性質のカードにデビットカードというものがあります。デビットカードはクレジットカードよりも作成するハードルが低く、かつ汎用性の高い便利なカードです。デビットカードの特徴を知って、お得に使いこなしてみませんか?この記事では、デビットカードの作り方について、ご紹介します。

 

 

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードは、似ている部分もありますが、まったく別の種類のカードです。まずは、この2種類のカードの違いを比較してみましょう。

 

デビットカードとは

デビットカードには、以下のような特徴があります。

  • カードで支払いをした時にすぐに銀行口座から引き落としが行われる
  • 口座から現金などを引き出す必要がなく支払いができるので、利便性が高い
  • 口座の残高以上に使いすぎる心配がない
  • クレジットカード同様のポイント還元・キャッシュバックが受けられる
  • インターネットショッピングでも利用可能
  • 海外ATMで現地通貨を出金することができる
  • 分割払いやリボ払いはできない
  • キャッシングサービスやETCカードの発行はできない

 

デビットカードの種類

デビットカードには、国際ブランドデビットカードとJ-Debitがあります。どちらもデビットカードではあるのですが、便利さは大きく違います。

 

国際ブランド系デビットカード

国際ブランド系のデビットカードは、以下のブランドが付いた金融機関発行のデビットカードです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

これらのマークが付いているデビットカードは、一般的なクレジットカードのように、海外のあらゆる店舗やネットショッピングで決済に用いることができる場合が多く、汎用性が高いというメリットがあります。VISAデビットカードは「VISA」か「PLUS」のマークが付いたATMから、MasterCardは「MasterCard」「Maestro」「Cirrus」のマークが付いたATMから、JCBデビットカードは「JCB」か「Cirrus」のマークが付いたATMから、それぞれ現金の引き出しが可能です。
VISAカードは国内、海外ともに汎用性の高いカードで、1枚で国内外問わず活躍してくれます。MasterCardは海外での展開が圧倒的に強く、ヨーロッパにおける加盟店は充実していますが、国内での利用は少しVISAカードに劣ってしまうように感じられます。対してJCBカードは国内での利用はかなり便利ですが、海外での加盟店は限られており、海外旅行時のデビットカードとしては少し戦力が落ちます。

 

J-Debit(ジェイデビットカード)

日本国内にある銀行などの金融機関が発行しているキャッシュカードを、そのまま決済のためのデビットカードとして利用できるサービスをJ-Debitといいます。例えば、ゆうちょ銀行が発行しているキャッシュカードには標準でデビットカード機能がついており、申し込みをするだけで利用可能です。
J-Debitは多くのキャッシュカードに搭載され始めている規格ですが、現状、利用できる店舗数はそこまで広がっていません。また、海外での利用は規格が異なっているため使用できないことがほとんどで、デビットカードの大きなメリットである海外での利便性についてもマイナスです。
新しくデビットカードを発行しようと思っている場合は、J-Debitではなく、国際ブランド系のデビットカードを発行するほうがお得で便利だといえます。

 

デビットカードとクレジットカードを比較

 

比較項目クレジットカードデビットカード
年齢制限18歳以上(高校生不可)15歳以上(中学生不可)
※発行会社によって差異あり
年収審査あり(年収200万円以上)基本的になし
その他の審査条件個人信用情報のチェックなし
匿名性バーチャルクレジットカード(Vプリカ)の場合ありなし
限度額月額10万円~口座残高額
審査の厳しさ問題がなければ通るほとんど誰でも通る
ポイント利用に応じて貯まる利用に応じて貯まる

 

デビットカードの作り方

デビットカードには、主に3つの作り方があります。

  • 店頭で申し込む場合
  • ネットで申し込む場合
  • 郵送で申し込む場合

これらについて、それぞれ紹介していきます。

 

店頭で申し込む場合の作り方

店頭で直接申し込む場合、銀行口座を開設するのと同時に申し込みを行うのが便利です。

  1. 口座を開設したい銀行の最寄りの支店に行き、口座を開設する
  2. 口座開設の際にデビットカードに申し込みたい旨を伝える
  3. 必要書類(後述)を提出してキャッシュカードを作る
  4. 1週間から10日後にデビットカードが届く

もし既に持っている銀行口座をデビット対応にしたい場合は、通帳、キャッシュカード、銀行届け出印などを持って、銀行の窓口に行き相談してください。

 

店頭で申し込む場合の必要書類

銀行で直接デビットカードの作成を申し込む場合は、以下の書類が必要となります。

  • 身分証などの本人確認書類
  • 住所を確認できる書類
  • 印鑑

これらは、銀行口座開設の際に必要な書類と一緒で、デビットカードを発行するために特別に必要な書類はありません。

 

ネットで申し込む場合の作り方

ネット銀行であれば、オンライン上での口座開設と同時にデビットカードの申し込みを行うこともできます。

  1. インターネットで口座を開設したいネットバンクを検索、口座開設処理を行う
  2. 口座開設時に、「デビットカードの発行を申し込む」などの欄にチェックを入れる
  3. 規定などを確認して同意、登録内容の確認があるのでよく見て承認する
  4. 1週間から10日ほどでデビット機能の付いたキャッシュカードが届く

また、既に口座を持っている銀行であっても、ネットバンキング対応であれば、インターネット上からデビットカードの申し込みを行うことができます。

  1. 既にインターネットバンクの口座を開設しているのであれば、「銀行名 デビットカード」などで検索
  2. 「ログインしてデビットカードの申し込み」などの表示から、申し込みページへ進む
  3. 規定などを確認して同意、登録内容の確認があるのでよく見て了承する
  4. 1週間から10日ほどでデビット機能の付いたキャッシュカードが届く

 

ネットで申し込む場合の必要書類

ネットバンクの口座を新しく開設する際には、以下の書類が必要になります。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 印鑑
  • マイナンバーカードなどの個人番号

これらの必要書類でデビットカードの開設に必要な情報はすべて揃っています。
ただし、既に持っている口座にデビットカードの機能を付加させるのであれば、口座の暗証番号やIDなどが必要となりますので、あらかじめ手元に準備しておくといいでしょう。

 

郵送で申し込む場合の作り方

郵送でデビットカードを作る場合、デビットカードを利用したい銀行口座を持っていることが前提となります。もし口座がない場合は、店舗に直接行って新しく口座を開設するか、あるいはネットバンクの口座を開設する必要があります。もし新しく口座を持つのであれば、その際にデビットカードに申し込むようにしましょう。
ここでは、口座はあるものの対象の口座がインターネットバンキングに対応しておらず、かつ口座のある銀行の支店に行くのが難しい際の申請方法です。

  1. 各銀行のホームページから(不明な場合はサポートセンターに電話で相談)郵送での申請方法をチェックする
  2. 必要書類を入れて指定された先に送付
  3. 1週間から10日ほどでデビット機能付きのカードが届く

 

郵送で申し込む場合の必要書類

郵送の場合は、

  • 運転免許証などの本人確認書類のコピー
  • 印鑑

などが必要となります。基本的には口座開設時に必要なものと変わりませんが、各銀行によって必要書類が異なる場合もあるので、漏れのないように確認しましょう。

 

デビットカードは無職の人でも作れるのか

デビットカードは、クレジットカードほど審査が厳しくありません。具体的には、以下のような状態であれば、無職であったとしてもカードの作成が可能です。

  • 扶養してくれている人がいる
  • 支払いできる預貯金がしっかりある
  • 他社の借り入れがない
  • 住所がある

ただし、無職であるために金銭的なトラブルを抱えている場合は、審査が厳しくなります。デビットカードの作成時にも個人信用情報の照会は行われるため、あまりに負債が大きい人や、過去の延滞が繰り返されているような人、また銀行口座に残高が少ない人の場合は、審査に落ちてしまうこともまれにあるのです。

 

デビットカードは高校生などの未成年でも作れるのか

デビットカードは、原則15歳以上(中学生不可)であれば作成が可能です。ただし、デビットカードを発行している銀行によっては、年齢制限が16歳以上や18歳以上となっている場合もあります。それぞれの銀行のデビットカード規約などを確認して、条件を確認してから作成しましょう。
海外ではキャッシュレスがはるかに進んでおり、様々な支払いが現金ではなくクレジットカードなどで行われています。現地での即時決済に便利なデビットカードは、留学生などの若年者の間でもよく利用されている決済手段の1つとなっています。

 

おすすめのデビットカード

ここからは、おすすめのデビットカードを紹介します。

 

GMOあおぞらネット銀行デビットカード

GMOあおぞら銀行デビットカードの券面画像

GMOあおぞらネット銀行が発行するデビットカードです。最大1.5%のキャッシュバックが魅力で大変お得です。

年会費無料
国際ブランドVISA
申込条件15歳以上の方
ポイント還元率0.6%~1.5%
発行期間1週間~10日

GMOあおぞらネット銀行デビットカードの公式サイト

 

ジャパンネット銀行VISAデビットカード

ジャパンネット銀行デビットカードの券面画像

ジャパンネット銀行が発行するVISAデビットカードです。最短5日で発行されるので、すぐに欲しい方におすすめです。

年会費無料
国際ブランドVISA
申込条件満15歳以上の方
ポイント還元率0.2%
発行期間5日

ジャパンネット銀行VISAデビットカードの公式サイト

 

楽天銀行「Visaデビットカード」

楽天デビットカードの券面画像

楽天カードと同じく、1%還元のポイント還元率です。楽天での利用なら2倍のポイントが貯まります。

年会費無料
国際ブランドVISA
申込条件満16歳以上の方
ポイント還元率1.0%
発行期間5~7営業日

楽天銀行「Visaデビットカード」の公式サイト

 

まとめ

デビットカードはクレジットカードのように便利に使えるカードでありながら、年齢下限が低く、また審査も簡単に済む便利なカードです。一括払いしか選択できないというデメリットもありますが、支払い能力を超えた決済ができないため、安全性は高いという特徴があります。何らかの理由でクレジットカードが持てない人も、デビットカードの申し込みを行ってみる価値はあります。デビットカードを利用すれば、生活の利便性を高められるでしょう。

-デビットカードの作り方

© 2020 クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!