クレジットカードを作る際の本人確認書類は何が必要か解説

更新日:

クレジットカードの本人確認は、法律で定まられた義務です。本人確認の方法は、「身分証明書の提出」、「電話による本人確認」、「受け取りの際の本人確認」により実施されます。

クレジットカードの本人確認の必要性について

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に定めらた義務で、クレジットカード申し込み者の本人確認が義務付けられています。なりすましによる犯罪を未然に防ぐ内容なので、当然といえば当然ですよね。

 

身分証明書による本人確認

まずは、身分証明書による本人確認の実施ですね。

 

本人確認書類を提出

最もスタンダードな本人確認の方法です。クレジットカードのインターネット申し込みの場合は、本人確認書類をアップロードする方法が一般的です。郵送の場合は、本人確認書類のコピーを取って、申込書と一緒に郵送するパターンです。使える本人確認書類の種類は、クレジットカード会社により若干異なりますが、大抵は、以下の書類になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収証
  • 社会保険の領収証
  • 国税、地方税の領収証

運転免許証を利用する事が、顔写真もあるので最もおすすめの方法です。現住所と本人確認書類の住所が異なる場合は、以下の追加の本人確認書類が必要です。

  • 公共料金の領収証
  • 社会保険の領収証
  • 国税、地方税の領収証

 

銀行口座のオンライン認証による本人確認

JCBカードなど、一部のクレジットカードでは、引き落とし口座のオンライン設定で本人確認を実施する場合もあります。本人確認書類を用意する必要がないので、利便性が高い方法です。但し、クレジットカード申し込み者が、提携している銀行のインターネットバンキングの契約をしている必要があります。

 

電話による本人確認

クレジットカード会社から、電話による本人確認及び申込確認があります。

固定電話又は携帯電話への本人確認

連絡先に登録した固定電話、携帯電話に個人名で電話が掛かり、本人確認が行われます。固定電話の方が、なりすましが少ないので、審査に有利になるケースが多いです。

 

勤務先への電話による本人確認

勤務先に電話をして、本人確認がおこなれる事もあります。個人名で掛かってきて、実際に本人が在籍していて、確認が取れると、ほんの2、3分で用件が終わります。

 

クレジットカード受領時に本人確認書類を確認

本人限定郵便の転送不要でクレジットカードが届きます。申請した住所が存在して、本人が身分証明書を提示して受け取ることになります。

 

-クレジットカードを作る際に必要なもの

Copyright© クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介! , 2019 All Rights Reserved.