ブラックでも審査に通るクレジットカードの作り方|超ブラックでも作ることは可能なのか

「ブラックリスト入り」とは、支払いの遅延や延滞・未払いといった情報が、信用情報機関のデータベースに記録されてしまうことを指します。一般的にブラックリスト入りすると「新規でクレジットカードが作れなくなる」と言われていますが、果たして本当なのでしょうか。今回はブラックリストそのものの詳しい説明と、ブラックでも審査に通るクレジットカードの作り方のポイントを解説します。

 

 

ブラックリスト入りしていてもクレジットカードを作ることは可能なのか

「ブラックリスト入りしているから、まず審査に通らない」とクレジットカードの申し込みをあきらめていませんか。仮に、ブラックリスト入りしていても、クレジットカードを作ることは不可能ではありません。そもそも「ブラックリスト入りしている」と思い込んでいるだけで、実際はしていないという可能性もゼロではないのです。まずは「ブラックリスト入りしている状態」について理解を深めましょう。

 

ブラックリスト入りしている状態

信用情報機関に登録された事故情報(ブラックリスト入りした情報)は、クレジットカード会社の審査で参考資料とされるため、大きな影響を及ぼします。ここではまず、「ブラックリスト入りする原因」「ブラックリスト入りしない例外」「ブラック入りするとどのようなリスクがあるか」の3点を通じて、ブラックリスト入りについての理解を深めていきましょう。

 

ブラックリスト入りする原因はさまざま

ブラックリスト入りする原因は様々ですが、一例として以下の4ケースが挙げられます。

  • クレジットカードやローンの返済ができなかったケース
  • 延滞後に速やかに支払いをしなかったケース
  • 申込時に氏名や住所年収などについて虚偽の申告をしたために契約を取り消されたケース
  • 自己破産になるなど、法的な手続きを経て債務整理をしたケース

中でも「自己破産・個人再生の申立て」「債務整理」の履歴については、信用情報機関である程度の年数、確実に記録されます。つまり「確実にブラックリスト入りするケース」といえます。
また、日本学生支援機構における「奨学金返済の滞納」ほか「携帯電話利用料の滞納(携帯電話分割払いの滞納)」もブラックリスト入りの原因となり得ますので、ご注意ください。

 

ブラックリスト入りしない支払いの延滞・滞納もある

一方、延滞・滞納については必ずブラックリストに入るとは限りません。例えば、信用情報機関の1つであるJICC(日本信用情報機構)では、「入金予定日から3か月以上の延滞については、延滞の期間中ずっとその情報が登録される」としています。逆に言えば「カード利用代金の振り込みを数日忘れていた」など、ごく短い日数の延滞であれば、ブラックリスト入りしないケースも少なくないと考えられます。

また、消費者金融などの借金については、その金額などに応じてカード審査に影響する可能性も考えられますが、借金の事実だけでブラックリスト入りしてしまうことはありません。

 

ブラックリスト入りすることのリスク

ブラックリスト入りすると、具体的にどのような不利益を被ることになるのでしょうか。ブラックリスト入りするリスクとしては、具体的に以下のような事柄があります。

  • クレジットカードが使えなくなる
  • 住宅者教育ローンなどが組めなくなってしまう
  • 高速道路をスムーズに利用できるETCなどが使えなくなってしまう
  • 自己破産などのケースでは、就職などに制限がかかることがある

ブラックリスト入りするということは「返済能力に不安がある」と評価されることに他なりません。そのため、新規クレジットカードの発行が難しくなる(またはできなくなる)のみならず、最悪の場合、お手持ちのクレジットカードが強制解約されて使えなくなる恐れもあります。それに伴って、クレジットカードに紐づいているETCも利用不可となります。さらに影響はクレジットカードのみならず、不動産、住宅、車などのローンも組めなくなる恐れがあります。 また、自己破産した場合はブラックリスト入りするのみならず、「資格制限」により期間中、特定の資格取得ができなくなり、持っている資格も使えなくなります。これが就職などに影響する可能性も懸念されます。

 

ブラックでも審査に通るクレジットカードの作り方のポイント

ブラックリスト入りのままではカード審査を通過することは難しいです。しかしながら、きちんと債務整理によって完済をして、一定期間が経てば、またクレジットカードを作ることができます。その具体的な手順について解説します。

 

債務整理をしてブラックリストの記録が消えるまで待つ

「借金を自力で返すことが難しい」…そんな時に検討したいのが債務整理です。債務整理とは、借金の減額や支払い猶予をおこなうことで、返済のあてがない借金を抱えて苦しむという状態から抜け出すことができます。以下、債務整理を経て、まだ他にクレジットカードを作るまでの流れをご紹介します。

  • 弁護士に相談し、債務整理の手続きをする
  • しっかり安定収入を得ていれば5~10年後にブラックリストから消える
  • 安定した収入があることを証明できれば、クレジットカード審査に通過できる

債務整理には、月々の返済金額の見直しを交渉する「任意整理」、裁判所認定のもとで減額された借金を数年かけて分割返済する「民事再生」(個人再生)、 裁判所認定のもとで借金の返済を法的に免除する「自己破産」などがあります。いずれにせよ、借金の自力返済が困難な場合の大切な手続きとなりますので、借金を抱えたまま悩むよりも、早めに弁護士に相談することが得策です。

 

完済してブラックリストの記録が消えるまで待つ

債務整理の情報は信用情報機関に登録され、ブラックリスト入りの状態となります。ただし、適切な債務整理を経て、滞納分を支払うなどした5~10年後には情報が削除されます。つまり、債務整理などの事故情報が一生残るわけではありません。債務整理後、安定した収入などを確保することで、問題なくクレジットカードの新規発行も期待できます。
また、自力返済が可能な方は、ブラックリストの記録を早く消すためにも、できるだけ早く完済しましょう。

 

審査が通りやすいクレジットカードに申し込む

債務整理の情報は、信用情報機関にて5〜10年間登録され続けるため、その間の新規クレジットカード発行は難しいと考えられます。一方、支払い延滞などがあった場合でも、審査通過する可能性はゼロではありません。例えば、信用情報機関の1つであるJICCでは、延滞解消の情報が「延滞解消日から1年を超えない期間で登録される」とされています。これもある意味ではブラックリスト入りの状態ですが、すでに延滞が解消されているため、審査通過も期待できるでしょう。ただし、申し込みにはできるだけ審査に通りやすいとされるクレジットカードを選ぶべきです。

 

どんなクレジットカードが良いのか

「審査に通りやすいとされるクレジットカード」を判断するためには、クレジットカードの種類について把握する必要があります。クレジットカードには、発行元の違いなどから以下のような種類が存在します。

  • 銀行が発行しているクレジットカード
  • 交通JALなどの交通系のクレジットカード
  • オリコやライフカードなど信販系のクレジットカード
  • イオンやファミリーマートなどといった小売業者が発行している流通系のクレジットカード

この中で、審査ハードルが最も高いと言われているのが「銀行発行のクレジットカード」です。逆に「流通系のクレジットカード」については、この中では審査が緩い傾向があると言われているため、狙い目と言えるでしょう。

 

審査を通りやすくするコツ

審査ハードルが低いとされるクレジットカードを選んだら、申し込み時にも以下のような点にご注意ください。

  • 半年以内のクレジットカードの申し込みを2枚以下に(多重申し込みをしない)
  • できるだけ電話番号は固定電話の番号を書くこと
  • 独自審査のカードに申し込むようにする

クレジットカードをどうしても作りたい方は、短期に複数のカードを申し込むことを考えるかもしれませんが、それは避けましょう。多重申し込みは「申し込みブラック」とも呼ばれ、お金に困っていたり、入会特典だけを狙っていると判断される恐れがあるからです。
また、電話番号を記載する際は、固定電話は「確実に自宅が存在する証し」となるため、携帯電話だけよりも審査に有利と考えられます。
なお、クレジットカードによっては独自の審査基準を設けているケースがあります。実際にライフカードは「独自の審査基準でカード発行」と明記しています。他のクレジットカードで審査落ちしても、審査基準の異なるカードならば審査通過の可能性もゼロではないと考えられます。

 

デビットカードという選択肢もある

「デビットカード」とは、クレジットカードと同様に、キャッシュレス決済を実現するサービスです。ただし、クレジットカードのように後払い(信用払い)ではなく、利用分はただちに銀行口座から引き落としとなります。銀行口座の残高がそのまま利用限度額となっているため、借金の心配もなし。そのため、銀行口座をお持ちの方は通常、無審査で持つことができます。

 

まとめ

支払いの延滞・遅延、自己破産など債務整理の情報は信用情報機関に登録されます。これらの情報がクレジットカード審査に影響を及ぼすことは事実ですが「ブラックリスト入りすると新規クレジットカードが作れない」とは限りません。特に「かつて支払いの延滞・遅延があったが、現在は解消している」という方は、審査に通りやすいカードを選んで、申し込むと良いでしょう。現在債務に苦しんでおり、どうしても返済の目処が立たないという方は、早めに弁護士に相談し「債務整理」することが1番の解決方法。今後出来るだけ早く、クレジットカードをもう1度手にするためにも、早めの債務整理をご検討ください。

-クレジットカードの審査

© 2020 クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!