銀行系クレジットカードのメリット・デメリット・銀行系カードは信頼につながる?

銀行系クレジットカードは数あるクレジットカードの1カテゴリーですが、「銀行系」というだけで安心できるという好イメージがありますね。審査も比較的しっかり行われる分、持つ人のステータスや信頼にもつながるとして人気です。ただし、他分野のカードに比べてデメリットがあるのも事実です。ここでは銀行系クレカの特徴や、メリット・デメリットについて解説します。

 

 

銀行系クレジットカードとは

 

銀行系クレジットカードとは、銀行系のカード会社が発行するクレジットカードのことで、メガバンクのみならず、日本の多くの銀行がクレジットカードを取り扱っているので、ほとんどすべての銀行が発行している状況です。キャッシュカードと一体型となっているものが多く、お金の流れを一元管理したい場合などは便利です。特に、キャッシュカード1枚でクレジット機能も持つのは大きな強みです。
また、一般的なクレジットカードに比べて審査が厳しい場合が多いため、持っている人の信頼性を高めるステータス性もあるといわれます。

 

銀行系クレジットカードのメリット

 

こうしたステータス性では人気の銀行系クレジットカードですが、実際のメリットとしては、どういうことが挙げられるでしょうか。以下で順にご紹介します。

 

ATM手数料が無料になるなどの特典がある

クレジットカードの引き落とし口座をその銀行口座に指定すると(一部のカードでは支払い口座の指定あり)、時間外のATM利用手数料などが無料となるメリットがあります。さらに、年間のクレジットカード利用頻度や利用額に応じて年会費が優遇される場合もあります。

 

カードの信頼性が高い

流通系や信販系と呼ばれる他分野のクレジットカードに比べて、銀行系のクレジットカードは審査が厳しいと言われていて、その分カードに対する信頼性が高いのがメリットです。さらに、持っている人の信頼性も高めてくれるという面もあります。ちなみに、審査では支払い能力はもちろん重要ですが、「クレジットヒストリーに傷がない=きちんと決められた日に支払うことのできる真面目さ」という点も大切な要素です。

 

キャッシュカード一体型なら残高不足の心配が少ない

銀行系クレジットカードは、先にも述べた通りキャッシュカード一体型が多いのも特徴です。そのため、残高不足で引き落とせないリスクを減らせるメリットもあります。常に自分の口座の入出金をチェックでき、お金の一元管理が容易になります。

 

遅延などがなければローンが組みやすくなる

銀行系クレジットカードの大きなメリットとしては、延滞などを発生させずにきちんと支払いを続けている場合、カードを発行している銀行での住宅ローンなどの審査が通りやすくなる点です。また、金利を優遇してもらえる場合もあります。

 

銀行の窓口でサポートが受けられる

キャッシュカード一体型のクレジットカードの場合、クレジットカードのトラブルでも銀行窓口で迅速に対応してもらえる場合がほとんどです。紛失や盗難含め、焦らずに窓口で相談するのがおすすめです。また、外貨の両替手数料が優遇される場合もあります。

 

銀行系クレジットカードのデメリット

 

信頼性では高い評価を持つ銀行系クレジットカードですが、他のクレジットカードと比べてデメリットと言える点もあります。以下で順に見ていきましょう。

 

ポイント還元率が低い

ポイント還元率や年会費の有無等にフォーカスして、お得なクレジットカードを作ろうと勧めるサイトも多いですが、銀行系クレジットカードはその点では評価が低めです。たいていの銀行系クレジットカードのポイント還元率が0.5%程度と低いためです。信頼性やATM手数料などのメリットとのバランスで納得できるかどうかがポイントです。

 

紛失した場合はキャッシュカードも利用できなくなる

現状として銀行系クレジットカードは、銀行のキャッシュカードとの一体型になっている場合が多く、財布がかさばらないなどのメリットはある一方で、紛失や盗難に遭った場合の対応が大変というデメリットがあります。クレジットだけでなく、銀行での入出金が同時にできなくなってしまうからです。場合によっては被害が大きくなる可能性もあるので、迅速に窓口やコールセンターに連絡しましょう。

 

引き落とし口座が限定される

銀行系クレジットカードでは、引き落とし口座自体が発行元の銀行口座に限定されてしまうのが一般的です。もちろん、当該銀行に口座を持っていなくてもカードを作れることもありますが、引き落とし口座は発行元の銀行で用意する必要がある場合が多いことは認識しておきましょう。

 

審査が厳しい

銀行系クレジットカードの信頼性を裏付けるものなので当然ではありますが、審査が厳しめであることは事実のようです。特に、5年以内に延滞などの履歴がある場合、銀行系クレジットカードでの審査をパスすることは難しいでしょう。

 

銀行系クレジットカード利用時の注意点

 

銀行系クレジットカードを利用する場合の注意点としては、大まかに言って以下の3つが挙げられるでしょう。特に延滞は、銀行系クレジットカードの大きなメリットを自ら失うことに直結するので注意が必要です。

●クレジットヒストリー(クレヒス)に傷をつけないため延滞は起こさない
●キャッシュカードと一体型のカードはきちんと管理する
●年会費が必要な場合が多いため、ポイント還元率が低いことを認識して使う

 

おすすめの銀行系クレジットカード

次に、銀行系クレジットカードの中で「持っておくならコレ」というおすすめのカードをご紹介します。それぞれの特徴やご自身のメインバンクなども考慮して、選ぶ際の参考にしてください。

 

三井住友カード

三井住友カードの券面画像

三井住友カードは、日本のクレジットカードとしては老舗ブランドであり、VISAは世界ナンバーワンシェアを誇るおすすめのカード。18歳~25歳限定のデビュープラスカードから女性向けのアミティエカード、交通系オートチャージ機能やゴールドカードなど、申し込めるのは計8種類です(年齢等の制限があるものを含む)。

【三井住友カードの特徴・メリット】
●VISAとの提携で、国内外で使える場所が多い
●初年度の年会費はWEB申し込みで無料(条件により年会費割引等あり)
●新規入会とアプリにログインすることで利用額の20%(最大8,000円)プレゼント
●「マイ・ペイすリボ」という月ごとに支払う額を決められる分割払いサービスがある
●引き落とし口座を他行の口座に設定可能
●専用アプリに付いてくる家計簿機能等が好評

【カードブランド・年会費・発行元の銀行で受けられるサービスなど】

  • カードブランド:VISA、Master
  • 年会費:1,250円~50,000円(税抜)
  • 発行元の銀行で受けられるサービス:キャッシュカード一体型カードの破損、紛失・盗難の対応等、手数料特典あり

三井住友カードの公式サイト

 

みずほ銀行カード

みずほマイレージクラブカードの券面画像

メガバンクの銀行系クレジットカードの中では目を引く、初年度に限らず年会費が無料のカード。キャッシュカード一体型はみずほマイレージクラブカードという名称で、その他5種類のカードがあります。クレジット機能はクレディセゾン、ANAカードのマイレージ機能は全日本空輸、Suica機能はJR東日本、ポイントカードはオリエントコーポレーションが担当しています。

【みずほ銀行カードの特徴・メリット】
●年会費が無料
●みずほマイレージクラブカード/THE POINTはポイント還元率が高く1%
●ANAのマイル交換ができたりSuicaチャージができたり、電子マネーのEdyやiD、QUICPay付帯など特徴あるサービスが選択可能
●家族カードでもポイントがたまる

【カードブランド・年会費・発行元の銀行で受けられるサービスなど】
●カードブランド:クレディセゾン、オリエントコーポレーション
●年会費:無料
●発行元の銀行で受けられるサービス:利用限度額の変更、キャッシュカード一体型カードの破損、紛失・盗難の対応、手数料特典あり

 

三菱UFJ銀行カード

三菱UFJ銀行カードの券面画像

口座を持ちカード利用があればATM手数料が何度でも無料、「POINT名人.com」を経由してネットショッピングするとクレジットカードの基本ポイントに加えて「POINT名人.com」の利用加算ポイントを獲得できる(最大25倍)、銀聯カードを追加できるなどのメリットあり。全12種あるカードにより違いますが、年会費は初年度無料か半額、翌年以降はカードの種類により金額が違います。

【三菱UFJカードの特徴・メリット】
●種類が多いので、自分のライフスタイルに合うカードが探しやすい
●アプリやWEB申し込みで、一定条件をクリアすれば現金がもらえるカードあり
●PASMO、Suica、近鉄グループの特典などの特典付きカードあり

【カードブランド・年会費・発行元の銀行で受けられるサービスなど】

  • カードブランド:JCB、VISA、アメリカンエクスプレス、Mastercard
  • 年会費:初年度無料
  • 発行元の銀行で受けられるサービス:キャッシュカード一体型なら銀行窓口でトラブル対応、手数料特典あり

 

まとめ

銀行系クレジットカードのメリットとデメリットを見てきました。流通系や信販系カードに比べてポイント還元率が低く、カード作成時の審査がやや通りにくいというデメリットはあるものの、やはり銀行系カードは社会的信頼度が高い、ステータスの高いカードと認識されます。特にメガバンク系カードには安心感があり、キャッシュカード一体型を作る場合も窓口が多い分有利でもあります。ご自身のクレジットヒストリーを築くにも、なるべく早いタイミングでのカード作成を検討されてはいかがでしょうか。

-銀行のクレジットカードの作り方

© 2020 クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!